最近の読書

StarS

王道をゆこうよ

 愛よね。愛がなくちゃね。かみしめながら、書き始めるわ。

 かつて、ミュージカルは苦手と公言してたマダム。最近はなんだかんだで、帝劇やら日生劇場やらに行ってしまうようになった。全ては、Starsのリーダー井上芳雄のせいよ。彼らの活動に熱狂しているうちに、ミュージカルにすっかり散財してしまってる。策士だよねー、井上芳雄。
 Starsの武道館コンサートで、キンキラキンの衣装で「最後のダンス」を歌われた日にゃあ、もう降参。思わずマダムは「トート、やってえーっ!」と叫んでしまい、そのあとホントにトートをやることになったんだから、凄いというか偉いというか。マダムのみならず、マダムの周りの友人たちも大挙して帝劇に押し寄せることになったの。
 でも、トートに辿り着いたあと、彼は少し立ちすくんでいるように思える。

 彼が『黒蜥蜴』に出演するという記事を読んで、マダムは唸ったわ。いったいどこへ行こうとしているんだ、貴方は。そのあとも次々、ストレートプレイのラインナップが聞こえてくるけれど、マダムはどうも気が進まない。それはマダムのみならず、まわりにいる、マダムより昔から彼をずっと観てきたファンも同じ様子で。
 はっきり言うけれど、これは彼が結婚したからでは断じてない。もしファンの気持ちが揺れているのを、結婚したからだと考えているなら、その考えこそが、ファンが離れるいちばんの理由なの。ファンはね、結婚しようが離婚しようが、また結婚しようが、実はそんなことはどうでもいい。舞台で輝きを放ってくれればそれでいいの。その輝きに翳りが見えるから、みんな付いていくことに躊躇しているのよ。そこを理解しないなら、それを結婚のせいにしてるなら、今の壁を乗り越えることはできないよ。みんな、彼が壁に直面してるのを感じてる。バカじゃないのよ、ファンは。

 模索しているんだってことは、よくわかるの。でも、やっぱりマダムは彼に歌ってほしい。彼の魅力の80パーセントが歌なの。そこを極めてほしい! もうストレートプレイで修練しなくていい。いまさら修練なんか見たくない。ミュージカルを極めようよ。修練ならミュージカルでしようよ。逃げないで。だって・・・数多いるミュージカル界の王子たち(浦井健治や山崎育三郎、中川晃教や城田優、田代万里生etc、etc)のなかで、井上芳雄こそが皇太子だと思うから。王になることを嘱望されているの。そういう道を歩んできたでしょう?それを王道と言わずしていったい何が王道でしょう?
 だから。
 井上芳雄は・・・・ジャン・バルジャンをやるべきだ、とマダムは思うの。
 言っとくけど、ジャベールじゃダメなの。ジャベールは彼に向いてる役。すぐ出来ちゃうから。それじゃダメなの。自分の殻を破り、壁を乗り越えて、ジャン・バルジャンをやれるミュージカル俳優になってほしい!
 そうしたらまた、マダムたちは大挙して、帝劇に押し寄せるよ。ちょっと悔しいけど。マダムはまだ、日本のミュージカル、認めてないからさ。でも、マダムをミュージカルの世界に誘ったのだから、責任があるのよ、貴方には。
 だから。ジャン・バルジャンを目指せ!
 狭き門より入れ。王道を行こうよ。Climb Every Mountain!
 
 マダムの声が彼に届くかは甚だ疑問だけど、そして何様のつもりだって言われちゃう恐れを乗り越えて尚、マダムは言いたかったの。何も言わずに去るには、愛がありすぎる。

 

祝 500本

 StarSの武道館コンサートの記憶が、どんどん薄れていく今日この頃。そこへ、StarSの亜流が現われた。その名もMonStarS。
 MonStarSは中年男性3人のユニットであるらしい。本家StarSと同じミュージカル界に本拠を置く本格派のユニット。本家が今、活動ほぼ休止中であるので、その隙にファンを乗っ取ってしまおうという魂胆がありあり、なのかどうかは、よくわからない。
 マダムはとりたててミュージカルファンなわけではないので(といいながら、のみとりマナコで『エリザ』チケット取りに走ってたけどさ)、中年男性が誰なのかを探る気もないし、亜流に心動かされることは無いの。たとえこのまま活動が休眠状態であろうとも、StarSひとすじ。MonStarSに興味がおありの方は、どうぞご自分でお調べください。マダムは知らないしー。
 
 去年、観劇人生最高の収穫を得て、すっかり図に乗ってるマダムだったんだけど、今年が4分の1終わったところで、去年の今頃に比べてだいぶテンションが落ちてるの。観劇人生も山あり谷ありだわ。
 これって、もしかしたら、去年の収穫のせいでマダムの眼が肥えてしまったせいなの?! だとしたら、去年の上を行く収穫なんて、なかなか得られはしないじゃん・・・・。
 ここは、ちゃんと初心に帰り、小さな劇場、小さな劇団を発見していこう。小さくても新しい喜びを見つけなくちゃね。
 さて、今日の記事は、記念すべき500本目! でもまあ全部レビューを書いたのではなく、どうでもいいような記事もたくさん含めてのことだから(今日みたいに)、たいしたことないわね。通過点よ、通過点。
 これからも、良い芝居に負けないくらいの良い文章を書くように、命ある限り精進します。なあんて言って、格好良ければいいのにな。

StarS イン オールナイトニッポン 再び!

 皆さんのスケジュール管理秘書、マダムヴァイオラがお知らせします! もう知ってるかもしれないけど。
 StarSの3人が、またオールナイトニッポンGOLDに登場するって! やったあ!あの、素晴らしく楽しい、ずっこけつつ愛と毒舌にあふれた時間が、またやってくるわ。思えば、武道館から1年が経ち、私たちのStarS渇望の心はだんだんと渇ききって、砂漠と化していたわけだけど、そしてラジオ出演だけではこの砂漠を緑の大地には変えられはしないけれど、半径2mくらいのオアシスを一時的に作るくらいはしてくれることでしょう。日程は 

 11月20日(木)22:00〜23:50 オールナイトニッポンGOLD
 レギュラーのゆずに替わり特別出演

だって。みんな、忘れずに聞こうね〜。去年、聞かなかった人は是非、聞いた方がいいよ〜。3人のコンビネーションの絶妙さを再確認だわ。

浦井君のスケジュールがうまってゆく その2

 来年の浦井健治の、新しいスケジュールが発表になった!
 2015年7〜8月は、世田谷パブリックシアターで鵜山仁演出『トロイラスとクレシダ』だって! うぉー。
 鵜山仁演出でシェイクスピア作品といえば、『ヘンリー六世』『リチャード三世』での浦井健治の演技が思い出されて、再びじーんとなってしまうマダム。
 ただ『トロイラスとクレシダ』って、盛り上がりにくい、難しい話なのよ。わざわざこれを選んだ鵜山仁にも勿論、策があってのことだろうけど。
 いずれにせよ、マダムは観に行きます。今のところ、浦井君の舞台は全部観る主義です。
 ただね・・・・StarSコンサート、来年もないのかしらね。
 さみしいかぎりだわ。

浦井君のスケジュールがうまってゆく

 まだ今年は半分終わったところだけど、浦井健治の来年の公演が、また発表になった。
 ミュージカル版『デス・ノート』のライト役だって・・・。
 いや、誰がやるのかなあ、とは思っていたけどさ。
 面白いものを作ってくれればいいのよ。フランク・ワイルドホーンにも文句はないし。演出家も手堅いし(特に好きではないけど)。
 この時点でチケットが1枚売れることも確実だしね。

 でもさ。StarSコンサートは、いつ、やるの?
 4月まで、浦井健治のスケジュールが埋まっちゃって。
 夏には帝劇の『エリザベート』があるでしょ? マダムは、井上芳雄がトートをやるかなあ?と期待してるんだけど、そうなると、夏も無理でしょ(って、勝手に決めてるけど)。
 コンサートもちゃんとスケジュールの中に組み入れてほしいです! よろしく。

StarS in Orympic Concert

 StarSの誰が雨男なのかな? 6月6日(金)に雨ザーザー降ってきて。東京国際フォーラム、ホールA。

『オリンピックコンサート 2014』
指揮/下野竜也 オーケストラ/東京交響楽団
スペシャルゲスト/辻井伸行、StarS

 とりたてて、オリンピックコンサートに興味があったわけではないのよ。今年の、StarSメンバーのスケジュールが見えてきたとき、あー、単独コンサート、今年はないなーと思ったからね。3曲歌うだけでも、聴きにいこうかな、と考えを変えて。結果、5曲聴けたので、大満足よ〜。
 フルオーケストラが相手でも、全然負けてない歌声だったの。負けないだろうとは思っていたけどね。いたけど、実際、負けてないどころか、アンコールで歌った「おひさま」メインテーマが終わった頃には、もう雰囲気はStarSコンサートそのもの。凄いわ。
 特に、井上芳雄は、声の調子が良さそうだった。武道館の時は3人とも舞台本番中だったけれど、今回は井上芳雄だけが舞台中じゃなく、自分のコンサートに向けての準備中でもあり、声に伸びと艶があって。沁みてくる歌声。
 MCは、なくてもよかったね。自分たちのコンサートじゃないから、客席もホタルイカばっかりじゃないので、ハンパに喋ったのが微妙な感じだったよ。
 来年、ちゃんと3人のスケジュールを調整してコンサートをやってくれるのを、心から心から、待ち望んでますからね。
 

目にも艶やかな『レディ・ベス』

 StarS戦略にはまるの図、第3(?)弾。5月17日(土)マチネ、帝国劇場。

ミュージカル『レディ・ベス』
脚本・歌詞/ミヒャエル・クンツェ 音楽・編曲/シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞/小池修一郎
出演 ベス/平野綾 ロビン/山崎育三郎 ロジャー・アスカム/山口祐一郎
   フェリペ/古川雄大 メアリー/吉沢梨絵
   石川禅 涼風真世 吉野圭吾 和音美桜 ほか

 9列目真ん中あたりという素晴らしく良い席で、山崎育三郎の演技を初めて見たの。
 そもそもマダムは『レディ・ベス』を観るつもりはなかったんだけどね。昨年来、マダムがStarSのCDの特典DVDを繰り返し観ていたら、子供がすっかり育三郎ファンになっちゃって。志望校に受かったら、お祝いに観に連れてったる!と口走ってしまったのよ。完全にStarSの罠にかかってるわね。
 幕が開いていきなり、舞台美術の美しさにうっとり。天球儀や星座図をアレンジしたセットが素敵なの。斜めに傾斜がついたまま回転する回り舞台と、ホリゾントの前に掲げられた大きな星座図の輪に、歌のイメージに合うような色のライトが滲むように光る。ホリゾントに映り込む背景も組み合わせて、素早い場面転換と切れ間ない芝居ができていて、素晴らしい。
 衣装も美しいの。ベスは王女だから当然なんだけど、宮廷の侍女たちに至るまでドレスが豪華で。こんなきらびやかな舞台、滅多に観られない。帝劇のミュージカルって、歌舞伎と張り合えるか、それ以上の艶やかさね。
 でも、その豪華さと比べると、ドラマは薄いように感じたの。

 ベスの平野綾、ラジオなんかで声を知っていて、あの話し方で王女ができるのかなあ、と思ってたけど、意外に似合っていた。少女の戸惑いから、女王になる運命を受け入れるまでを自然に演じてた。歌も上手いしね。
 でも、ベスの成長が主題のわりに、そこにはあまり面白さや感動が無くて、どっちかっていうと、脇スジの方が面白かったの。ガーディナー司教(石川禅)とルナール(吉野圭吾)の悪役コンビの歌とか、ホスト風にアレンジされてるフェリペ皇太子(古川雄大)とか。フェリペは美味しい役だと思うわ。マダムは古川雄大、気に入っちゃったもん。フェリペにおばさん呼ばわりされるメアリー女王(吉沢梨絵)の悪役ぶりも、ね。
 彼らに比べると、ベスの側、ロジャー・アスカム(山口祐一郎)も、ロビン(山崎育三郎)も、幽霊のアン(和音美桜)も、出番が沢山あるのに迫力が足りない。なんでかなと考えていたんだけど。誰かの演技に問題があるとかじゃなくて、本というか、演出の問題なのかもね。演出が、セットをどう使うかに気を取られて、ベスの心の変化を細やかに示すところまで至ってないのかも。
 なぜベスとロビンが惹かれあったのか、そこも弱いし、王女と流れ者の恋っていうハードルの高さが感じられなくて、だから女王と庶民となって別れることになっても見ていて辛くないし。母の幽霊に見守られて、どう思うのかも、いちおう描いてはいるんだけど、なんかこう、薄い。
 私たちは日本人だから、エリザベス1世に思い入れがないでしょ?「ああ、あのエリザベスには、こんな幼少期があったのか」っていう話なんだと思うんだけど、「ああ、あの」のところが弱いわけよ、日本人だから。そこは日本で初演するときに、日本側で(つまり演出で)補わないといけないんじゃないのかしら。
 それとも、世界標準なので、日本の客にだけ違うものを見せるわけにはいかないってこと? いや、それにしても沢山改善の余地があるわよね。
 
 初見の山崎育三郎、期待に違わず、かっこよかった。金髪がよく似あって、日本の男の子とは思えない。だけど、この役は凄く難しい役だったね。自由って言葉が歌になんども出て来たけれど、自由を愛する孤高な芸人には見えなかったの。演技力という点では、まだこれから、なのかも。
 
 最後にひとつ。マダムがどうしてもミュージカルに慣れないなあと思う点。歌が終わるたびに、1曲1曲、拍手するでしょ? それに慣れない。芝居の気持ちが途切れる気がして。
 これはミュージカルを観るうえでしきたりというか礼儀なのだろうけれど、マダムはこれからも慣れることはなさそうな気がする・・・。
 

ホタルイカ再び

140124_212601

 待ってました〜!
 ずいぶん前にアマゾンで予約してた本がやっと届いたの!
 Stars 武道館コンサート メモリアル・ブック

 3人ともなんてカッコいいの・・・楽しかった記憶が甦ってきて、凄くワクワクする。写真が素敵過ぎて、ゾクゾクしてきたあ。

 今年もコンサートしてくれないかしら。そしたらマダムは再びホタルイカになります・・・。

宴のあと

『StarS ありがとう公演』
 2013年11月11日(月)18時、武道館
 出演 井上芳雄 浦井健治 山崎育三郎

 
  楽しかったわー、武道館。
 そして、終わったあとの、なんと寂しいことでしょう。

 マダムの席は、スタンド2階のいちばん後ろだったんだけれど、ちっとも遠いとは思わずに、時間が過ぎていったの。それはたぶん、飽きさせることのないショーの構成と、途切れることのない歌の素晴らしさと、ツボを心得た映像のおかげね。
 3時間、歌って踊り続けても、歌のクォリティが落ちない彼らは凄い。夢中で聴き入って、手拍子して、時には叫んで、3時間が凄く濃密に、あっという間に過ぎてった。
 芝居じゃないので、レビューみたいに書けることはあまりないわ。ただマダムに言えることはふたつあってね。ひとつは、井上芳雄が「まるでアイドルの役をやっているよう」だって言ってたけど、マダムも「アイドルのファンの役をやっているよう」な気持ちがしてたの。なんだか皆でそういう約束の世界を作って、思いきり遊んだって感じ。凄く凄く楽しかった。
 そしてもうひとつはね。井上芳雄の歌に惚れたな、ってこと。「最後のダンス」はゾクゾクして、終わった瞬間に「トート、やってえー!」って叫んだんだけど、聞こえた?井上君。「歌うたいのバラッド」も聴いてるうちに泣きそうになった。
 はっきり言うけどさ、歌わない芝居に出るのは宝の持ち腐れで、もったいないよ。ストレートプレイで彼が表現できるものは、歌で表現できるものの10%くらいなんじゃない? いや、やめろと言ってるんじゃないのよ。そうじゃなくて、歌がいいから、歌が聴きたいなってこと。
 そうなると、ミュージカルを観るしかないじゃないの。StarSの戦略にまんまと陥落するマダム・・・。

 もちろん浦井健治ファン度もさらにアップ。「Midnight Radio」かっこよかった。いろんな声を持っているんだよね。あんなに天然でも、ひとたび芝居や歌に入り込むと、スイッチがかちっと切り替わる。不思議な奴だよ。ここまで理解不能な役者のファンになったのは、マダムのそれなりに長い観劇人生の中でも初めて。こりゃ、今までに類のない褒め言葉なのかもよ。
 山崎育三郎については、まだこれから。マダムとしてはやっぱり役を演じるところを観てから、ってことで。

 芝居とは違う楽しみを見つけちゃったなあ。
 またお会いしましょう、って言ったよね? 有言実行してね。ただし、その時はちゃんとスケジュールをコンサートのために空けるように。ハラハラして、疲れるからね。

Road to the Budokan

 StarS武道館公演がいよいよ10日後に迫ったので、着々と準備を進めているの。
 先日も、感度のいいオペラグラスを求めてビックカメラへ。アイドルコンサート通いの大先輩マダムKKが一緒だったので、ホントに助かったわ。一人だったら、種類の多さにめまいがして、決められなかったかもしれない。
 CDも擦り切れる程、聴き込んだの。CDは擦り切れるもんじゃないかもしれないけどさ、なんとなく、そんな気がするくらい聴いたので、三人の声の聞き分けは完璧よ〜。
 ただ、歌詞が憶えられない。こんなに聴いてるのに憶えられないのって、歳のせいだけじゃない気がする。似たような言葉がいっぱいなんだもん。
 この間の生出演番組も見たよ、録画だけど。浦井健治はホントに食べる時、噛まないのね。よくわかった。もうちょっと噛みなさい、と言いたくなってしまう母心・・・。


 実はマダムのうちは、またこの冬も受験生をかかえているのよ。先日も、年明けの芝居のチラシを並べて考えていると、「受験の日と、発表の日と、卒業式の日には、芝居の予定を入れないように」と言われてしまったわ。いくらマダムだって、わかってるって、そのぐらい。
 それでも1月のシアターコクーンと、2月頭の浦井健治出演のミュージカル(!)のチケットはもう買ってしまった。悪いね、受験生。勉強するのはお母さんじゃないんでね。
 
 武道館はお祭りらしく、羽目を外して楽しむことにするわ。その後のStarSメンバーの演技には、別途、期待するよ!

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ