最近の読書

無料ブログはココログ

« 一歩踏み込む三谷幸喜 『愛と哀しみのシャーロック・ホームズ』 | トップページ | 『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』を味わう その2 »

肩すかしな新作ミュージカル『怪人と探偵』

 台風の影響で生暖かい風が吹き荒れる横浜。9月23日(月)マチネ、KAAT神奈川芸術劇場。
 
新作ミュージカル『怪人と探偵』
原案/江戸川乱歩  作・作詞・楽曲プロデュース/森雪之丞
テーマ音楽/東京スカバラダイスオーケストラ  音楽監督/島健
演出/白井晃
出演 中川晃教 加藤和樹 大原櫻子 水田航生 フランク莉奈 今拓哉
   樹里咲穂 高橋由美子 六角精児 ほか
 
 全く楽しくなかったわけではない。
 でもね、このスタッフ&キャストを見てみてよ。どんな新しい日本発のミュージカルが生まれるか、思い切り期待するでしょ。スカパラのテーマ曲も、ワクワク感いっぱいだし。
 このメンバーで、「まあ、普通に楽しかったけどさ・・・」っていう感想は、ありえないよ。頭抱えた。
 1幕終わったところで、一緒に観てる友人に「これ、演出、白井さんだよね?」って確認したくらい。それくらい、らしくない演出だった。失敗、ではない。だって、失敗っていうのは、チャレンジしたから起こることであって、これは全然チャレンジしてないもん。
 あー。
 
 これから観る人の気持ちに水をかけたくないので、この後は観終わった人だけ、読んでね(てか既に、水かけちゃったか・・・)。

 
 いろいろ思い巡らせてみたけれど、やっぱり脚本がうまくないの。それが敗因。
 人物設定に激しく難があるし、大して意味のないエピソードに曲をさいて、くどい。なのでテンポがゆるゆる。テーマが陳腐。面白くなりそうで、ならない。残念すぎる。
 だって、怪人二十面相の話なのに、主役の中川晃教は二面相しかしなかったのよ(あ、ラストを入れたら三面相か…でもねえ)。その二役も全然書き込まれてないから、すごく表面的なの。
 それでも彼が歌うと、表現力でなんとなく納得させられてしまうところがあって。さすがとしか言いようがない。さすが、なのはそうなんだけど、せっかくの表現力をこんな風に使わせるのがもったいなくて、涙が出る。ミュージカル俳優として今が充実の時期なのに!
 二十面相とからむ伯爵令嬢役の大原櫻子も、やはり歌の表現力抜群。だから二人のデュエットは聞かせる。なんだけど、やっぱり彼女の役も底が浅くて、盛り上がらないの。偽の令嬢で、実は犯罪者の娘で・・・という説明があるだけで、屈折の描写がありきたり。これは逆でないといけないの。屈折を工夫して表現しておいて、実は・・・と種明かしするから納得するんでしょ。演出されればできるはずなのに。彼女のマクベス夫人を観たマダムとしては、物足りないヒロイン設定だった。
 しかし。最大の失敗は、探偵明智小五郎(加藤和樹)の設定。これはもう、明智小五郎じゃない。
 マダムの知ってる明智小五郎のイメージは、ダンディで知的で、独特の美学がある大人の男。出てきただけで観客席をうっとりさせるくらいじゃないとね。だけど、この舞台に出てきたのは、情けないロリコン男だったので、唖然とした。江戸川乱歩ものは映画や芝居になって歴史が長いわけだけど、これほどイメージとかけ離れた明智って、見たことない。演じた加藤和樹は気の毒ではあるけれど、それでももうちょっと色っぽくはならないもんだろうか。
 
 だいたいこの手のお話は、よく考えたら突っ込みどころ満載なのが普通であり、いかに考えさせずに、面白く楽しくワクワクさせるかが勝負。なのに、説明に追われて、大事なところで描写が足りなくて、余計なエピソードはてんこ盛り。演出家はもちろん、そんなことは承知だと思う。承知だけど、本に文句をつけることはできなかったんだね。本とプロデュースが大物すぎて。
 
 期待が大きく外れて、あまりにももったいなすぎて、ちょっとは楽しかったことも、ふっとんでしまった。
 辛口、ごめん。

« 一歩踏み込む三谷幸喜 『愛と哀しみのシャーロック・ホームズ』 | トップページ | 『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』を味わう その2 »

芝居レビュー」カテゴリの記事

コメント

一応、残しておかなくちゃね、と思ってコメントします。

怒りに任せていろいろ考えた結果、おそらく作家は「どんな宝石にも勝る真実の愛」みたいなことが描きたかったのではないか?と思いました。
それはそれで良いんですけれど、それは江戸川乱歩と怪人二十面相の世界観と違うから!
みんなが期待している怪人二十面相と2時間ドラマ的な安易な愛賛美を一緒にするのは、所詮、無理です。作家は、江戸川乱歩の何を勉強したんだろうかな〜(5年もかけて)。

例えば、浦井君が出演した韓国ミュージカルの「シャーロック・ホームズ」は原作のホームズと全然違うけど、でも最初のところで「これは違うお話だよ」ってのが、きちんとわかるから、自然に物語に入って行ける。そういう離れ業ができないと、異質なものをくっつけるのは難しいです。しかも、無駄に歌部分が長いから、説明に時間を避けなくて登場人物の誰1人、まともに描けてなかったしね。

久々に、負の方にテンションが上がった舞台でした。

ぷらむさま、怒りの鉄拳。
いやしかし、ホントにがっかりしました。
スタッフもキャストも一流どころを集めて、この体たらくではね〜。「真実の愛」って、どれがです?って聞き返したい程度のものでしたし。
新派の喜多村緑郎さんの明智小五郎を、懐かしく思いました。色っぽくて素敵だったよ・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一歩踏み込む三谷幸喜 『愛と哀しみのシャーロック・ホームズ』 | トップページ | 『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』を味わう その2 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関係するCD・DVD