最近の読書

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ

« 『サムシング・ロッテン』を観る | トップページ | 2018年の総括 »

2018年12月26日 (水)

進化するマクベス浦井 『メタルマクベス』disc3 2回目

 皆があんまり浦井健治が進化してる、って言うから、千秋楽まで待ちきれず、また行っちゃった。12月24日(祝)マチネ、IHIステージアラウンド東京。

新感線⭐︎RS『メタルマクベス』disc3
原作/ウィリアム・シェイクスピア 脚本/宮藤官九郎
演出/いのうえひでのり
出演 浦井健治 長澤まさみ 高杉真宙 柳下大 峯村リエ 栗根まこと
   吉田メタル 冠徹弥 小沢道成 橋本じゅん ラサール石井 ほか

 驚いたね。
 浦井ランダムスター(マクベス)、上手くなってた。そのうえ、2ヶ月近く公演してて、3倍くらい元気になっているのよ〜。バケモンだわ〜(←大絶賛)。
 11月に観たときは、自分の力を見極めてるところだったのか、配分を考えてる風だったのね、殺陣とか、歌とか。最初の方は抑えめで、ラストのためにエネルギーをとっとく感じ。
 それがもう、抑えなくてもやれるってわかったのか、最初から全開。一番最初にせりが上がって登場するときから、オーラ出しまくり。もともと歌は上手いんだけど、メタルらしい歌い方がすっかり身について、歌の力、増し増し。
 例えば、なんども歌われる「私の体はサソリでいっぱい」は、サソリが殺意になり失意になるあたり韻を踏んでる感じがあって、宮藤官九郎の面目躍如な歌なんだけれど、夫妻で思いっきりシャウトしてロックで歌い、ランダムスターひとりで哀しみをたたえて歌い、最後の方ではいっちゃってる感じで歌う。歌の技術を縦横無尽に使って、ホントに聴かせてくれる。そして一瞬たりとも役を離れない。全て台詞として歌っていて、全部ちゃんと意味が聞こえ、感情が伝わる。素晴らしい!

 演出も、少しずついろんなところを手直ししてて、マクベス像がよりはっきりした。2回目見て思ったのは、上昇志向が強いのはやはり夫人の方なの。ランダムスター(マクベス)が魔女によって掘り出されてしまう欲望は、王になりたい欲じゃなく、殺したい、破壊したい欲望なんだね。時折、自分の破壊欲が恐ろしくなって、尻込みしたり、ふらついたりするんだけど、夫人の上昇志向が彼の逃げ場を塞いでいく。
 長澤まさみの演技は大きく変わらなかったけど、ずっと芯が通ってて、彼女も役を離れてしまう瞬間がないの。凄くいいコンビ。だからもう、完全にランダムスター(マクベス)夫妻の物語になってて、ふたりで舞台をかっさらっていった。
 
 なので、随所にちりばめられている、かなりくだらないギャグが邪魔だな、と改めて思うマダム。友人の言葉が言い得て妙だったのだけど、新感線はサービス精神がありすぎて「フルコース出してる途中に、サービスでちょいちょいカツ丼を出してくる」のが、玉に瑕。カツ丼も好きだけど、今は食べたくないって思うわけよ。
 だから、王様への報告は1回でいいし、ラスクの話も1度でいいし、夫人が飛び道具使うのも3回目はいらないし、門番の頭に斧が刺さるのも1度で充分だし、エクスプローラー(バンクォー)が吐くところもいらない。これで30分短くできるよ。(門番が立ちションするところもいらないという意見もあるけど、「尿意継承者」っていうギャグが面白いのでそこは許す。)シェイクスピアの中でも最も短くて無駄のない話なのに、長くしすぎだよ。それなのに、他の登場人物の大切なシーンをカットしちゃってるしね。
 
 でもね、マダムはもともと全く新感線ファンじゃないけど、ギャグは新感線の客へのサービスだし、生命線でもあるわけでしょ。そのギャグが邪魔だと感じるほど、ランダムスターの物語が強大だっていうことはさ、浦井健治が新感線を突き抜けちゃった、ってことなんじゃない? それほど「マクベス」っていう役を生きちゃってるってことなの。
 浦井健治はやっぱり、マダムの見込んだシェイクスピア俳優だったのよ。

« 『サムシング・ロッテン』を観る | トップページ | 2018年の総括 »

芝居レビュー」カテゴリの記事

シェイクスピア」カテゴリの記事

浦井健治」カテゴリの記事

コメント

おおお、浦井ファンにとっては嬉しい感涙ものの感想をいただきました!すぐにでも
豊洲に飛んで行きたくなりますが、我慢。前楽を見ます。
マダムのたとえ、全くその通りと激しくうなづいてしまいました。あまりにもてんこ盛りで
1回目に見たときはただでさえ舞台が広く目を広角ワイドレンズ(!)にしつつ
浦井くんを見つめ、さらにギャグをフォローし、と正直、疲れました。
(トシのせいもあるかも)。次回はもう少し落ち着いてシェイクスピアを感じたいと思っています。
初回観劇では私にとってはシェイクスピアが埋もれ気味になってしまった感じがあって。

あっぷるさま。
浦井くんの演技も歌も進化してて、しっかり筋の通ったマクベスになっています。なので、次はシェイクスピア、感じられると思います!

私も進化した浦井マクベスをしっかり見届けできました。
大体彼の場合、後半になればなるほど良くなるのは
毎度ですが今回は手直しも入り更に良くなってましたね。
そしてマダムの言うとおり
ギャグをもっとカットしてくれれば
言う事なしでした!
私のメタマクはもう終わってしまいました😭
千秋楽は大盛り上がりでしょうね〜〜
炎の報告、お待ちしています😊

ホワイトさま。
炎の報告!
来年早々、ブログが燃え上がりそう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『サムシング・ロッテン』を観る | トップページ | 2018年の総括 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30