最近の読書

« 進化するマクベス浦井 『メタルマクベス』disc3 2回目 | トップページ | 新年のご挨拶と、炎の報告 »

2018年の総括

 今年劇場で観た芝居は、以下の通り。( )内は演出家。
 
1. 『PLUTO プルートウ』(シディ・ラルビ・シェルカウイ)
2. 『近松心中物語』(いのうえひでのり)
3. 『美しきものの伝説』(西本由香)
4. 『秘密の花園』(福原充則)
5. 『ヒッキー・ソトニデテミターノ』(岩井秀人)
6. 『ブロードウェイと銃弾』(福田雄一)
7. 『岸リトラル』(上村聡史)
8. 『見晴らす丘の紳士』(村田裕子)
9. 『ドレッサー』(鵜山仁)
10. 『毒おんな』(高橋正徳)
11. 『Take Me Out 2018』(藤田俊太郎)
12. 『髑髏城の七人 極 修羅天魔』(いのうえひでのり)
13. 『1984』(小川絵梨子)
14. 『ワレワレのモロモロ2018春』(岩井秀人)
15. 『ハングマン』(長塚圭史)
16. 『ヘンリー五世』(鵜山仁)
17. 『図書館的人生vol.4』(前川知大)
18. 『ヘンリー五世』(鵜山仁)2回目
19. 『バリーターク』(白井晃)
20. 『市ケ尾の坂』(岩松了)
21. 『から騒ぎ』(長谷川志)
22. 『アイヌ オセロ』(秋辺デボ 下館和巳)
23. 『黒蜥蜴』(齋藤雅文)
24. 『ジハード』(瀬戸山美咲)
25. 『フリー・コミディッド』(千葉哲也)
26. 『冬物語』(山崎清介)
27. 『レインマン』(松井周)
28. 『死ンデ、イル。』(蓬莱竜太)
29. 『メタルマクベス disc1』(いのうえひでのり)
30. 『て』(岩井秀人)
31. 『GHOST THE MUSICAL』(ダレン・ヤップ)
32. 『夫婦』(岩井秀人)
33. 『あかつきの湧昇流』(市村直孝)
34. 『ジャージー・ボーイス』チーム・ブルー(藤田俊太郎)
35. 『ジャージー・ボーイス』チーム・ホワイト(藤田俊太郎)
36. 『メタルマクベス disc2』(いのうえひでのり)
37. 『シンデレラ』(マシュー・ボーン)
38. 『ゲゲゲの先生へ』(前川知大)
39. 『第三世代』(中津留章仁)
40. 『贋作 桜の森の満開の下』(野田秀樹)
41. 『セールスマンの死』(長塚圭史)
42. 『The Silver Tassie 銀杯』(森新太郎)
43. 『No.9ー不滅の旋律ー』(白井晃)
44. 『犬神家の一族』(齋藤雅文)
45. 『メタルマクベス disc3』(いのうえひでのり)
46. 『女中たち』(鵜山仁)
47. 『サムシング・ロッテン』(福田雄一)
48. 『メタルマクベス disc3』(いのうえひでのり)2回目
49. 『メタルマクベス disc3』(いのうえひでのり)3回目 大晦日に観る予定
 
 『PLUTO』を観たのが今年だったことに驚いた。いっぱい観ちゃって、記憶の彼方になっちゃったのね。 

 やれやれよね。観すぎよ。いくら世の中がおかしくなってるからって、やけくそにも程があるわ。思いっきり予算オーバーよ。
 しかもこのラインナップの中に、見なければよかったような駄作はほぼ無いの。マダムの嗅覚と情報収集能力は、いまだかつて無いほどの高水準だ。そして、恐ろしいことに、チケットさえ手に入ったら観たかったものが、まだ他にあったという事実。本当に恐ろしい。
 ありがたいことに、時間的にも体力的にも、これ以上は絶対無理だし、来年はどう削るか、という課題に取り組みます。とにかくミュージカルを減らす。異常に高いから。それから外国人が演出するものには、用心してかかる。失敗が多いから。同じものを二度観ない。自戒を込めて。チケット争奪戦になるべく参戦しない。参戦すると高くて意味不明な手数料を取られるから。チケット取れなかったら、悪あがきせずに諦める。マダムに縁がなかった舞台の方が気の毒だったね、と。
 さあ、どれくらい達成できるかしらね?
 
 今年の総括。
 50本近く観て、駄作はないし、充実の観劇生活だった。面白いものがたくさんあって、幸せだった一方で、これこそ今年の1本、と言える突出したものがなかったとも言えるね。
 出来の良さで言えば藤田俊太郎演出『ジャージー・ボーイズ』になるし、個人的に持ってかれたのはいのうえひでのり演出『メタマク3』なんだけど、どちらも実は再演なのよね。まあ、良いものは何度でも観たいので、この2本は再再演があったら、またきっと行くでしょう。
 ご贔屓の、ハイバイやイキウメは順調に高水準だった。それから、ここのところ敬遠気味だった長塚圭史が『ハングマン』と『セールスマンの死』でいい演出を見せてくれて、ポイント上昇。作・演出、ではなく、古典の演出が好きだな。特筆すべきは、皆から勧められて観た蓬莱竜太の『死ンデ、イル。』。今年いちばんなぎ倒された作品だね。
 女性の演出家にも出会いたいと思っていたんだけど、さいたまネクストシアターの『ジハード』の演出が素晴らしかった瀬戸山美咲。また違う作品を観てみようと思ってる。
 どうしても好きな役者さんで作品を選ぶことになっちゃうんだけど、芝居はやはり演出次第なので、信頼できる演出家をコツコツ発掘していきたい。
 
 なあんて言ってるけど、もちろん好きな役者も追っかけます。当然でしょ。

 
 今年も1年間お付き合いくださって、ありがとうございました。
 来年も、マダム ヴァイオラをよろしくご贔屓くださいませ。
 

« 進化するマクベス浦井 『メタルマクベス』disc3 2回目 | トップページ | 新年のご挨拶と、炎の報告 »

各年の総括」カテゴリの記事

芝居あれこれ」カテゴリの記事

コメント

マダム

お疲れさまでした。
1年間、よく見ましたね!そして、よくブログを書きました。エライ!

来年もステキなお芝居と出会えるといいですね!
来年もよろしくお願いいたします。

Mickeyさま。
エライって言われるの、めっちゃ嬉しいですね。
自分でもちょっと、エライと思う。
来年も無理せず頑張ります。
来年もよろしくね。

いつも楽しく読ませて頂いています。浦井健治がシェークスピア俳優だというのに全くもって同感です。メタルマクベスを観て更に確信しました。新感線でないマクベスを観たいと思いました。ハムレットも。。。今後とも、浦井健治応援していきましょう。よろしく。

みよちゃんさま。
ホントにそうですね。新感線じゃないマクベスも観たいです。来年はストプレの予定がなさそうなので、再来年にまた、シェイクスピアやってくれるかな。
期待して、見守りましょう!

今年もここで芝居のいろんな角度からの見方を教えていただきました。
見ていないものでも、なるほど、そう来るか、と思ったり。
ありがとうございます。
来年は私ももう少しストレートプレイを見たいと思うのですが、何しろ
チケット代が・・・。浦井くん優先でいくとどうしても資金不足となるのです。
映画みたいにシルバー割引があればな、なんて思います。
あ、「メタルマクベス 」、今回はシェイクスピアをしっかりつかみました。
いやはや、すごい作品ですね。音楽でバッハがありとあらゆるバリエーションを
許容するようにシェイクスピアもどんな形もOKなのだということを改めて感じます。

マダム、早い!そしてマダムが50本近いなら
私はどうなのかー少数厳選にする予定が今年もくるってます。
今年は再演が多く、ありがたいと同時に複雑、
レパートリー化だと素直に喜べるのですが。メタマク最高!
私的にはやっとの埼玉ネクストの始動が嬉しい。
どんどん先鋭的な作品をやって欲しいです。
そして来年はさらに映画館へ比重を傾けようかと。
新年もよろしくです

あっぷるさま。
浦井くんはミュージカル中心なので、チケット代がそれなりですよね。私も、資金計画をきちんと立てなきゃ💦
来年は「ヘドウィグ」がありますので、またみんなで盛り上がりましょう。

かおりママさま。
ネクストの「ジハード」、素晴らしかったし、これからの道筋が見えた気がしますね。
私は、映画に回帰するのは、もう少し、もう少し、先延ばしするつもりです。来年もよろしく。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 進化するマクベス浦井 『メタルマクベス』disc3 2回目 | トップページ | 新年のご挨拶と、炎の報告 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ