最近の読書

« 廻る劇場の『メタルマクベス disc2』 | トップページ | 『ゲゲゲの先生へ』を観る »

美しい幻 マシュー・ボーンの『シンデレラ』

 連休初日の渋谷は大混雑。10月6日(土)マチネ、東急シアターオーブ。

マシュー・ボーンの『シンデレラ』
音楽/セルゲイ・プロコフィエフ 美術・衣装/レズ・ブラザーストン
照明/ニール・オースティン サウンドデザイナー/ポール・グルーシィス
映像/ダンカン・マクリーン
演出・振付/マシュー・ボーン
出演 シンデレラ=アシュリー・ショー  パイロット(王子)=エドウィン・レイ
   継母=マドレーヌ・ブレナン  天使=リアム・ムーア  ほか

 

 マダムは普段、ミュージカルにしてもストレートプレイにしてもあまり来日公演に行くのは気が進まないの。
 字幕を読みながら芝居を観るのは、気が散ってしまいがち。それと…マダムを含め観客の反応がいまひとつヴィヴィッドでないことが多くて、乗っていけない気持ちがしてしまう。
 だけど、バレエならば。言葉はないわけだから、観てそのままを感じればいいのよね。クラシックバレエにはなかなか手が出ないのだけれど、マシュー・ボーンの斬新さについては色々と聞こえてきていて、一度は生で観てみたいと思っていたの。『シンデレラ』が来日するとあって、行くことに決めた。
 そして、観てみたら。
 ザ・舞台芸術、と言いたくなるような王道な美しさだった〜!

 『シンデレラ』のお話は皆知っての通り、なんだけれど、マシュー・ボーンは時代と場所をそっくり第二次世界大戦中のロンドンに置き換えている。これがただの置き換えではない、よく考えられた設定で、唸る。
 実母の死後、継母と義姉妹たちに女中同然に扱われているシンデレラの境遇は従来と同じ。だけど、ここに義兄弟たちもつけ加えられてる。彼らのうち一人はゲイの設定だし、一人は足フェチのちょっと気持ち悪い男として描かれてて、シンデレラはセクハラっぽい扱いも受けそうになる。また実父は車椅子に座ったまま、暖炉のそばに置き去りにされていて、家庭内の実権をとっくに失っている。こんな風に、細かな描写に、おとぎ話ではないリアリティが持ち込まれているのね。
 付け加えて(これ重要!)、原作にある義姉妹たちがシンデレラに比べて醜い、という設定がほぼ排除されている。従来、義姉妹たちはシンデレラに対して意地悪で、「そのうえ醜かった」。それに比べシンデレラは心優しく、「そのうえ美しかった」。でもマシュー・ボーンは、美醜の対比を演出からほぼカットしている。まあ、シンデレラが美しいことに変わりはないんだけど。
 そして(更に重要!)原作では王子の設定が、王子ではなく、負傷して戦地から戻ってきているパイロットとなってる。これ、ホントに重要な変更ね。王子様に見初められてめでたし!っていうおとぎ話のお約束を、現代の感覚で排しているわけなの。
 
 戦闘機の爆音が響く中、舞台は始まる。音楽はプロコフィエフで、そこはいじれないわけだけど、空襲警報とか、戦闘機や空爆の爆音とか建物が崩れ落ちる衝撃音とかはしっかり効果音としてプラスされてる。
 衣装は全員が、戦時中を感じさせるモノトーン。でもシンデレラは更に地味で、ひっつめ髪にメガネをかけ、下働きしている。空襲警報が鳴ると、街を歩いていた人たちを家に匿わなければならず、玄関を開け放つ。逃げ込んできた男たち、女たちを継母たちが馴れ馴れしく接待するなか、お茶を配るシンデレラ。逃げ込んだ人々の中に、頭に包帯を巻いたパイロットがいて、二人は一瞬で惹かれ合う。話そうとする二人を継母たちが直ぐに引き離し、空襲が止んで皆帰った後、シンデレラは、パイロットが忘れていった帽子を拾う。
 シンデレラはここでもう恋に落ちているの。
 シンデレラは義兄弟たちの洋服の仕立て直しをさせられていて、トルソー(裁縫用のボディ)があるんだけど、それに拾った帽子をかぶせパイロットに見立てて、一緒に踊る。恋の妄想…。途中からトルソーはパイロットその人と入れ替わり、シンデレラは幻想の中で彼とダンスする。その素敵な夢は、義兄弟に見つかって笑われることで、覚めてしまうんだけれど。
 
 ある日、継母や義兄弟たちが揃ってダンスホールに出かけていくと、一人残されたシンデレラの元に、魔法使いならぬ天使が現れる。天使は銀色の髪、純白の輝くスーツに身を包んだ男性(リアム・ムーア、初代ビリー・エリオットだったダンサー)で、シンデレラを馬車ではなく真っ白なサイドカーに乗せて、ダンスホールに連れて行く。
 この、天使が現れたあたりから、舞台はこれ以上ない美しさで…幻を見ているとしか思えなくなった。天使の圧倒的な存在感、ドレスに着替えたシンデレラの眩しさ、濃紺のホリゾントにアンバーの灯りが滲むように当たっている照明の美しさ…。シンデレラと天使のダンス、シンデレラとパイロットのダンスのあいだ、息を飲んで見つめた。
 
 ダンスホールでパイロットと再会したシンデレラは恋を成就させて、結ばれるんだけど、ベッドで眠る二人のもとへ天使が、12時が迫っていることを知らせに来る。シンデレラはベッドを抜け出し、魔法が解ける前に帰ろうとする。が、帰る前にその時はやってきて、天使が指し示した時計が12時になった時、ダンスホールは衝撃と共に崩れ落ちる。ダンスホールは空爆を受け、焼け落ちたの…。
 踊っていた多くの人たちは死に、もとの地味な姿のシンデレラもその場に倒れ、負傷者として担架で担ぎ出され、彼女の靴の片方が担架からこぼれおちる。パイロットは崩れ落ちたホールの中を血眼で探しまわるけれど、見つかったのはシンデレラの靴だけ。靴を胸に抱いて、彼は泣き崩れる。
 このダンスホールはロンドンにあったカフェ・ド・パリという店で、大戦中、空爆にあい多数の死者が出たことは有名な史実なのだそう。その史実と、魔法の解ける12時を重ね合わせた演出が、素晴らしい。
 
 そのあとは、パイロットが靴を持ってシンデレラを探す旅に出て、入院している彼女をついに見つけ、二人が結ばれるラストまで、お決まりの展開。でもさっきも言ったように、王子に見初められてめでたし、ではなくて、負傷したパイロットという、普通の男性と恋に落ちた女性の物語に読み替えたことが、よりマダムに響いてきた〜。ディズニーにはない大人の物語。
 
 偶然なんだけれど、『ビリー・エリオット』の初代ビリーをやったリアム・ムーアを生で観られて、幸せだった。銀髪の天使の役がピッタリとはまっていた。美しさと、人間離れした神々しさを表現したダンス。
 
 音楽が録音で、生のオーケストラじゃなかったんだけど、来日公演だし、しょうがないよねと思ったら、これはロンドンでもそうだったんですって。何年か前にロンドンで観た知人がそう言ってたの。
 そこは、どうなんだろう? そのことだけがちょっと気になっている。

« 廻る劇場の『メタルマクベス disc2』 | トップページ | 『ゲゲゲの先生へ』を観る »

芝居レビュー 」カテゴリの記事

コメント

マダムさまの鋭く深い文章、楽しく拝見させていただいております。マシュー・ボーン作品は、お好みではないのかしらと思っていたのですが、『シンデレラ』の素晴らしさを伝えてくださっていて嬉しくなり、コメントさせていただきます。私も同日マチネを観ました。ほんとう、観客を夢の世界へ誘う仕掛けとダンサーのパワーに溢れた、ザ・舞台芸術でしたね。こういう美しさ・躍動感・物語を求めて舞台を観に行くのだわ、と改めて感じました。天使は繊細なのに力強く、ダンスのキレも飛び抜けていて。千秋楽では、さらに天使度が増し、そのままどこかへ飛んでいっちゃいそうでした。この舞台の美しさの余韻で、私、年内は頑張れると思いました。『ビリー・エリオット』私も大好きで、エリオット・ハンナとリアム・ムーアが躍る白鳥の湖のシーンをしんみりと見直しました。

blancさま、こんにちは。
コメントありがとうございます。本当に胸の底まで深い満足で満たされる舞台でしたね。
バレエはあまり観ないので、リアム・ムーアももちろん「ビリー・エリオット」のシアターライブ映像の中で、大人のビリーとしての彼を見ているだけでした。私は一枚しかチケットを買いませんでしたし、キャストはあとから発表なので、リアムを見られたのは本当に幸運でした。
私も「ビリーエリオット」を見直そうかな、と思います。幸せですねえ。

いつも楽しくブログを読ませて頂いています(^^)
関西にはマシューの「シンデレラ」は来ないので残念に思っていたら、ライブシネマで上映が決まりました。絶対に観に行こうと意気込んでいます!
私が初めてバレエ「シンデレラ」を観たのは森下洋子さん主演の日生劇場で、偶然にも紀子さま眞子さま佳子さまがいらっしゃっていました。シンデレラなので分かりやすいストーリーではありましたが、何故か音楽にチャイコフスキーのような華やかさや明るさを感じる事が出来なくて、シンデレラやのに音楽が暗すぎやわ~(^_^;)と凄い違和感を感じ、以降プロコフィエフのシンデレラは避けてきました。そして今回、マシューがシンデレラを製作した経緯を読んだ時、凄い衝撃が体中を駆け抜けました。15年前に私が感じたプロコフィエフの音楽に対する違和感、なぜ異様なまでに音楽が暗いのかを初めて知ったんです。第二次大戦の頃に作曲されていて、戦争の暗い影があのバレエに深く関係していたんですね。さすがマシュー・ボーン!作品を読み解く力が凄いですね。まだ観る前ですが、たぶんマシューの「シンデレラ」こそが正解なんだと思います!

さやとんさま。
マシュー・ボーンのシンデレラを見た後で、youtubeで従来の古典的なシンデレラを見てみたのですが、今の私に訴えかけてくるものが弱いなと思いました。(まあ、私自身が「夢見る乙女」の要素の欠けている人間ですので…)
バレエは演劇と違ってセリフがなく、音楽だけしかない。ですから全く違うストーリーを付けちゃうことも可能なわけで、そうならないように、これまであまり大胆に読み替える演出を避けてきたのだそうです。ですからマシュー・ボーンも、勝手な読み替えにならないよう、作曲家が譜面を書いた背景を考え抜いて、作ったのだと思います。
ライブシネマをご覧になったら、またどうぞ、感想をお聞かせくださいね。

マダム樣、やっとシンデレラのライブ上映を観る事が出来ました!始まって直ぐに唸ってしまいました。プロコフィエフの音楽が戦争中の暗い時代設定にハマりすぎていて、さらに振付けのアクセントや緩急・呼吸が、音楽のアクセントとピタッと合っていて…まるでこの作品の為に作曲されたかのようでした。音楽ありきで生まれた作品なのに、その鋭さとクリエイティビティに驚嘆してしまうというか。ロイヤルバレエもそうですが、演劇の国=イギリスにはすんごいクリエイターがたくさんいるんだな、と日本の田舎者は思った次第です(笑)過去にもマシュー・ボーンは観ていますが、やや too much と感じていましたが、このシンデレラだけは納得のドンピシャリ(死語)でしたね!ため息で映画館を後にしました。
あ、リアム・ムーア、素敵な天使でしたね!彼だけ中性的で別の時間を生きている人間とは違う存在、というのが振付けのゆったりテンポから読み取れました。動きが人間に比べて倍のカウントを使って踊っていたように感じます。彼のステージ支配力を十二分に生かしきった見事な演出でしたね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 廻る劇場の『メタルマクベス disc2』 | トップページ | 『ゲゲゲの先生へ』を観る »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ