最近の読書

« ミュージカル俳優浦井健治ファンのための、メタル「マクベス」予習講座 その1 | トップページ | 無名の人々の御一新を描く AUNの『あかつきの湧昇流』 »

ミュージカル俳優浦井健治ファンのための、メタル「マクベス」予習講座 その2

 その2、遅くなってごめんなさい。

 新感線の「メタルマクベス」は、1980年代のメタルマクベスという名のバンドのお話と、それから300年後の2280年のお話が並行して進むようにできています。
 シェイクスピアの「マクベス」っぽいお話は2280年の方で描かれていきますが、なぜかそっちは、登場人物にエレキギターの名前がついているのです。それでちょっと、ややこしい感じになるんですが、登場人物対照表を作ってみましょう。
 

シェイクスピアの    新感線版の
「マクベス」      1980年 /  2280年    
マクベス        マクベス / ランダムスター    浦井健治
マクベス夫人      ローズ  / ランダムスター夫人  長澤まさみ
バンクォー       バンクォー/ エクスプローラー   橋本じゅん
マクダフ        マクダフ / グレコ        柳下大
ダンカン王       元社長  / レスポール王     ラサール石井
マルカム王子      元きよし / レスポールJr     高杉真宙

 
 名前を憶えておく、というよりも、「これが暗殺される王様」とか「これが逃げた王子を説得に行く貴族」とかっていう「設定」がざっと頭に入っていれば、もう大丈夫。迷いなく芝居の世界に入っていけます。
 宮藤官九郎は自分でもバンドをやってるだけあって、かっこいいギターの名前がいろいろ出てきます。しょぼい役にヤマハとかつけてたり、グレコ(日本製のギター)の息子の役名がローマンで、急にギターと関係なくなったり(グレコ・ローマンってレスリングの言葉じゃなかったっけ?)、ふざけてて楽しいです。
 宮藤官九郎の台本は、原作「マクベス」のツボを心得た上で色々とアレンジして遊んでいるので、原作のあらすじを理解したら、こだわりを捨てて楽しんでくださいね。
 
 「回る劇場が初めてなのでちょっと心配」という声も聞きましたが、別に360度っていっても観客の後ろでは演技しないので、観客の私たちが努力しなきゃいけないところは何もないです。
 大変といえることがあるとすれば、行くまでが大変。辺鄙な場所だから。それと、ちょっとした飲み物とかお菓子とかは手前の大きな駅などで調達しておかなければなりません。劇場の周りには店などはないから。終演後、友だちとお喋りしたくても、劇場から離れてからでないと、店どころか雨風をしのぐ建物すらありません。
 なので、そのあたりは準備万端おこたらず、劇場に向かいましょう。
 
 マダムは11月中にいちど観て、あとは千秋楽に行くつもりです。楽しみ〜!
 千秋楽報告の記事は来年となるので、まずは11月の記事に皆さんおいでくださいね。まだ少し先ですが、楽しみに待ちましょう。 
 

« ミュージカル俳優浦井健治ファンのための、メタル「マクベス」予習講座 その1 | トップページ | 無名の人々の御一新を描く AUNの『あかつきの湧昇流』 »

シェイクスピア」カテゴリの記事

浦井健治」カテゴリの記事

芝居あれこれ」カテゴリの記事

コメント

自分もメタルとかエレキギターの知識が皆無でしたが、disc1楽しめましたので、知らなくても大丈夫だと思います!

・・・ただ、観劇後に”で、結局どういうタイプのギターなのか?”という疑問が消えなかったのでwiki先生に頼ってみました・・調べてみたらいろいろと納得したんで書いてみました(ざっくりしすぎているので逆に混乱させてしまったら申し訳ございません。興味がない方は以下は飛ばしてください・笑)


・レスポール(エレキギターの基礎で、王道モデル)
・パール(ギターに白い貝殻を敷き詰めてデコった装飾性のあるモデル)
・グレコ(日本製のブランド。メタルマクベスでは”ベース”でしたっけ・・・??)
・エクスプローラー(丸みのある形のレスポールと対称的な、角ばった変形モデルの元祖)
・ランダムスター(エクスプローラーに切り込みを入れてさらに過激な形になったモデル)

・・・結局 王位がレスポール王(ダンカン王)からエクスプローラー(バンクォー)の子孫に受け継がれるのって、 ギターが基本形モデルから変形モデルへ移行するということなのかと邪推をしてみたり。過激すぎるランダムスターは一瞬の光芒にすぎなかったのかと。スター(星)だけに。(って考えすぎですね・笑)

で、disc2では”バンクォー岡本”が変形ギターをガンガン演奏してくれることを希望してます!(なんで岡本健一と浦井健治がバラ売りなのかとか言うのはヤボですね??)

わんわんさま。
ギター解説ありがとうございます。
確かに、名前だけなので、知識は必要ないんですが、まあ、宮藤官九郎のお遊びですよね。知ってるとちょっとだけ、クスッと笑えるっていう。

マダム、解説ありがとうございました。
早速自分の本に役名の対照表を書き込みました!
ギターの形も役名に沿っていたとは!!
ますます楽しみになってきました!

ホワイトさま。
disc2を観てきたのですが、4時間ですし、主役はほぼ出ずっぱりですし、劇場は広いし、浦井くんの体力だけがちょっと心配です。千秋楽にはヘロヘロになってたりして…。
ヘロヘロは、ヘロヘロなりに見守りますけどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミュージカル俳優浦井健治ファンのための、メタル「マクベス」予習講座 その1 | トップページ | 無名の人々の御一新を描く AUNの『あかつきの湧昇流』 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ