最近の読書

« 『レインマン』を観る | トップページ | 廻る劇場の『メタルマクベス disc1』 »

『死ンデ、イル。』を観て、死んでいる…

 友人からの推しが殺到して、無理を押して当日券の列に並んだ。7月27日(金)ソワレ、東京芸術劇場シアターイースト。

モダンスイマーズ句読点三部作連続上演 第三弾
『死ンデ、イル。』
作・演出/蓬莱竜太
出演 小椋毅 成田亜佑美 津村知与支 松尾潤 西條義将 古山憲太郎
   野口卓磨 千葉雅子 片山友希

 観に行ってよかった。ホント、凄かったから。
 でも代償は大きくて、この日の無理がたたって、翌週は風邪をこじらせ高熱が出て仕事を休む羽目に。
 多くの人が、感動をTwitterやらブログやらで発信してるので、特にマダムがこれ以上書くこともあるまいと思ってるの。
 ただこれは、直接原発事故に焦点を当てた作品ではない、というようなことを言ってる人もいるみたいなので、そこは釘を刺しておきたいの。『死ンデ、イル。』は原発事故のせいで居場所が失われた人たちの、断末魔の悲鳴が描かれた作品だし、それは同じ状況になれば、どんな人でも過酷な人生に陥るだろうって、静かに、絶望的に示してる。それでもラストが、負けて泣くようなラストでないところが本当に素晴らしい。
 優れた芝居には、背景にしっかりと社会性があるのが当然なのよ。
 

 マダムとしては、芝居が凄すぎて、震災直後の自分自身の思い出が苦しさ付きでまざまざと蘇ってしまい、過呼吸になりそうだった。
 

« 『レインマン』を観る | トップページ | 廻る劇場の『メタルマクベス disc1』 »

芝居レビュー 」カテゴリの記事

コメント

あの日、冷房が寒かったって言ってましたもんね。
とにかく、お大事になさってください。
自分の感想にも書きましたが、アレは影の主役だったと思います。

ぷらむさま。
体調万全で観たかったです。
もうすでに体力許容本数をオーバーしてますんで、何かをやめるしかないのが、悩ましいところです。
影の主役のアレにちゃんと立ち向かってるのが演劇しかない状態なのではないか。演劇はえらい。しかし映画もテレビドラマも小説も、もうちょっとなんとかしなくてはいけないのではないか。そんな風に考えるところであります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『レインマン』を観る | トップページ | 廻る劇場の『メタルマクベス disc1』 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ