最近の読書

« ネクストシアターの新しい挑戦『ジハード』 | トップページ | マダムの青春遍歴その1 それは西城秀樹から始まった »

成河の38役『フリー・コミティッド』

 急な階段が怖いんだけど、最近とても魅力的な芝居が続くよ。7月6日(金)ソワレ、DDD青山クロスシアター。

『フリー・コミティッド』
作/ベッキー・モード 翻訳/常田景子
演出/千葉哲也
出演 成河(ソンハ)

 中堅舞台俳優として圧倒的な実力を持ってる成河の、一人芝居。

 成河は各公演に1度か2度、ファンとのトーク会を開く。マダムは参加したことはないんだけど、今回のトーク会に参加した人が成河の言葉をツイートしてた。
「(自分にとって)面白くない舞台は無理に行かないように。1回面白くなかったら絶対2回目も面白くない。演劇で即完売は不健全。興行側に調子に乗らせないようにみなさん不買運動してください」
だって。成河は、ホントに頭が良くて誠実な役者ね。マダムがこのブログでやっていることを、認めてくれたも同然。芝居は口コミで満員になっていくのがいちばんだもんね。
 成河の言葉を受けて正直に言うけど、『フリー・コミティッド』はもう1度行きたい芝居じゃなかった。皮肉な結果ね。まあ、こういうこともあるわ。

 売れない俳優のサムは、オーディションにもなかなか受からず、役者の仕事がないので、マンハッタンの人気レストランの電話予約係のアルバイトをしている。交代の予約係が来ない中、地下の電話室でサムは一人で様々な電話の応対をし、厨房とも話し、レストランのフロア係とも話し、しゃべり続ける2時間…。オーディションの最終面接に通りそうな当たりをつけて、悠々と職場を放棄するところまでを描く。
 サムはもちろんのこと、すべての電話の相手役を成河ひとりで演る、のだけれど。そのやり方は、電話だから声帯模写風になるのね。まずその手法にがっかり・・つまらない。
 声色や口調を変えて、電話の向こうの相手のあんな人やこんな人を演じてみせてくれて、もちろん、成河だから上手いんだけど・・・これってさ、芝居じゃなくて落語じゃない?
 百歩譲って落語(アメリカでいうならばスタンダップコメディー=ひとり漫談?)でも良し、としよう。その中身が面白いかっていうと、面白くないの。
 
 なぜ面白くないのか。つらつら考えるに、アメリカでアメリカ人が面白がってるものを、まんまやってるからだと思うの。
 アメリカ人なら大抵了解しているらしい事柄を前提に芝居ができている。例えば有名人の名前がいろいろ出てくるんだけど、マダムが知ってたのはナオミ・キャンベルくらいなのね。それだって、よく知ってるわけじゃないから、彼女を揶揄するような内容の台詞がピンとこないし、面白くないわけ。でもきっとアメリカ人ならゲラゲラ笑うんでしょう。
 チラシに「・・・カリスマシェフ、ゲイの美容師、ドミニカ共和国出身のコック・・・」とかって書いてあるのだけど、こういうのもアメリカでは馴染みの設定だから笑えるんで、コックがドミニカ共和国出身だなんてマダムには伝わってこないし、仮に伝わっても、それがどんなニュアンスを持ちどんな意味があるアイコンなのか、日本の観客には理解できないよ。
 
 サムの同僚の交代要員の男は、サムに仕事を任せたままなかなかやってこない。実は内緒で別の仕事の面接に行ってるのね。で、その面接先の会社の名前が出てくるんだけど、もちろん私たちは知らないから、何のイメージもわかない。一緒に見たマダムP(ニューヨークに住んでたことがある)が教えてくれたんだけど、それはアウトレットの家庭用品の、倉庫みたいな店を展開してるチェーン店なのだそう。それならば、イケアとかニトリとかコストコとか、日本の観客にイメージの湧くような名前になぜ変えないのかな。
 まんまをただ日本語に移しただけでは、上演台本を作ったことにはならないよ。面白さを日本の観客に伝えるために、何を選び、何を捨てざるを得ないのか、決めるのが翻訳と演出の仕事でしょ。
 
 こんな失敗も含めて、挑戦する成河のことは好きだよ。だけど、この芝居はお薦めしない。

« ネクストシアターの新しい挑戦『ジハード』 | トップページ | マダムの青春遍歴その1 それは西城秀樹から始まった »

芝居レビュー 」カテゴリの記事

コメント

私もチラシの「ドミニカ共和国出身」にはひっかりました。
芝居の中に、そういう説明ってありましたっけ?
そして、やっぱり、それがどういうことなのか、日本人の私にはわかりません。

あとで気づいたんだけど、お誕生日に唄えって言われる歌も、もしかしたら、アメリカ人にはジョークなんじゃないですかね?
そういう「取りこぼし」が、すごく多いように思いました。
同じ劇場で観た『テイク・ミー・アウト』が、そういうことに、徹底的に気を使った演出だったので、余計に残念な気持ちになりました。

ぷらむさま。
ほんとに。つい「テイク・ミー・アウト」と比べてしまいますよ。

この芝居の場合、ネタのほとんどがアメリカ人の内輪受けネタなので、そこを日本人にわからせないとやる意味がないんですよね。
千葉哲也演出は昨年の「怒りをこめてふり返れ」の時もそうですが、とりこぼしが多くて残念です。日本の戯曲を選んだほうがいいのではないかな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ネクストシアターの新しい挑戦『ジハード』 | トップページ | マダムの青春遍歴その1 それは西城秀樹から始まった »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ