最近の読書

« イキウメの『図書館的人生vol.4』 | トップページ | 草彅剛の挑戦『バリーターク』 »

続 これで終わりとは思いたくない 鵜山演出『ヘンリー五世』

 『ヘンリー五世』もう一度観に行ってきた。5月29日(火)マチネ、新国立劇場中劇場。
 行ってよかった。

 浦井ヘンリーが相当良くなっていた!
 滑舌も良くなってたんだけど、それ以上に、王らしい威厳とやんちゃな部分との接合部が滑らかになって、一人の人間としての説得力が増してたの。
 『ヘンリー四世』のときから思ってたのは、ハルって孤独だなってことだったんだけど、王になったらもっともっと孤独になった。本心を語るのは独白の時だけなんだもの。戦いには勝っても、王冠も衣装も血塗られてしまって、清々しかったハルはもう何処にもいなくなってしまった。ヘンリーの孤独がひしひしと感じられて、ラストは胸が痛いくらい。
 
 1度目の時の席はかなり上手よりの端っこだったの。で、2度目はいちばん後ろだけど真ん中ブロック。
 そうしたら見え方が全然違ってて。ていうか、舞台の奥のほうで起きてることが見えてなかったのよ、1度目は。
 特に戦闘シーンは、舞台前方で起きていることと、後方に遠く見える様子が上手く相乗効果を作るようにできていて、イギリス軍の振る旗や上から降りてくる巨大な旗が空間を自在に分けて美しくて、ダイナミック。殺陣は多くない分、布の使い方で、見ごたえあるシーンになってたね。
 
 このシリーズがここまで続いてきて圧巻は、いちばん最後の「説明役」たちの挨拶の台詞だった。台本では説明役はひとりだけど、鵜山演出では数少ない女優(大勢の役者の中でたった3人!)たちに締めを任せた。「ヘンリー五世は・・・世界に冠たる支配権を彼の息子に残しました・・・だが彼を取り巻く多くのものが政権を争うことになり・・・イギリスにも血が流されました。そのいきさつはすでにこの舞台でごらんにいれております
 これはシェイクスピアが自分の一座で、本を書いた順番に上演して『ヘンリー五世』にたどり着いたことを示しているのだけれど、それをそのまま説明できる鵜山組は素晴らしいよ。同じように歩んできたのだもの。
 浦井健治、岡本健一、中嶋朋子をはじめとして、ひとつひとつ取り組んできて、一座になった。
 なので、マダムとしては、これで終わりとは思いたくない。

« イキウメの『図書館的人生vol.4』 | トップページ | 草彅剛の挑戦『バリーターク』 »

シェイクスピア」カテゴリの記事

岡本健一」カテゴリの記事

横田栄司」カテゴリの記事

浦井健治」カテゴリの記事

芝居レビュー 」カテゴリの記事

コメント

私、ちょっとマダムと温度差あるんですよね。
『リチャード二世』はあっても良いと思ってますが、
良きものは、めでたく打ち上げるのも、また一興かと。
「鵜山組」とも呼べるような座ぐみはあったとしても、
続けて、続けて、とも思ってません。
ここら辺で、幸せな気分のままピリオドを打ちたい気もするのです。
浦井君が、またシェイクスピアの舞台に帰って来る〜ってこととは、
別の話としてね。それはそれであって欲しいけど。

ぷらむさま。
は〜い。
今はね、温度差ありますよ〜。
しょうがありませんわ。ただのファンなんで。

キャサリンを口説くシーン、
1回目、コミカルだと思って見てしまったのですが
マダムの感想やその後のアフトク、マンスリープロジェクトで鵜山さんの演出指示や浦井君の演技プランを聞き
「そうかそうか、、」と。
2回目、ヘンリーの目を集中して見たら、、凄み、すごかったですね。
でも日本人だと戦国時代の映画や大河ドラマでよく見る場面ですよね。何処も同じなんだなーとか、、いろいろ考えてました。
(きっとアメリカ人にはわからんだろーなーとか)
あと鵜山さん、最後の言葉は女性に言って欲しかったって言ってました。
そして、今日が千秋楽でしたね。
私は行けませんでしたけど
なーんか最後の挨拶で「次は何でしょう?先祖返りでも、、(ゴニョゴニョ)」と言ったらしいですよ!

ホワイトさま。
今日、千秋楽でしたね(遠い目)。私も行けなかったけど。
そりゃ、もしや、これで終わりとは思わなくていいってことかな?
私たちだけじゃなくてね、浦井くんにとっても大事なシリーズ、大事な座組だと思うんですね。彼の役者人生にとって、かけがえのないものだと思うので、色々と形が変わっても、シェイクスピアに挑戦し続けていってほしいんです。これが私の、痛切な、願い。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イキウメの『図書館的人生vol.4』 | トップページ | 草彅剛の挑戦『バリーターク』 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ