最近の読書

« 『ヒッキー・ソトニデテミターノ』を観る | トップページ | 翔ぶまで待ちたい『岸リトラル』 »

楽しさと物足りなさと『ブロードウェイと銃弾』

 日比谷はなんだか綺麗になりつつある。2月17日(土)マチネ、日生劇場。

『ブロードウェイと銃弾』
脚本/ウディ・アレン オリジナル振付/スーザン・ストローマン
演出/福田雄一
出演 浦井健治 城田優 平野綾 保坂知寿 愛加あゆ
   ブラザートム 鈴木壮麻 前田美波里 ほか


 浦井健治と城田優が二人主役の、華やかなミュージカル。
 浦井健治演じるデビッドは翻弄される新米脚本家で、オロオロしまくりのところがなんだか本人を感じさせて可愛かったし、歌声は甘くて伸びやかだったし、城田優演じるチーチはマフィアの子分なんだけどダンディで、ダンスシーン(タップが素敵)もカッコいいし、楽しいミュージカルだった。アンサンブルもレベルが高かったし。とりあえず、なあんにも考えず、二人のイケメンをたっぷり堪能。
 
 で、見終わった後は、何にも残らなかった!
 楽しかったんだからそれでいい、とも言える、のかもしれないけど。
 でもよく考えると、いろいろわかんない。デビッドが作ろうとしてた芝居がどんな芝居なのか全然わからなかったので、チーチが思いついたアイデアがどれほど良いものなのか、ピンとこない。そこがわかんないと、二人の関係性もちゃんと伝わってこないし。マフィアのボスも、どこかゾッとする怖さが欲しかったし、チーチがオリーブを殺しちゃうのも、殺しは殺しなので、チーチの冷酷さがちゃんとあったほうがいいしね。
 デビッドが、エレンとヘレンを行ったり来たりするところも、男の情けなさを存分に描いて欲しかったな〜。主役だからって、抑えめにしてるのかしら?
 デビッドは、いったいどんな男だったんだろ?
  
 で、ここからは作品からちょっと離れてしまうかもしれないんだけれどさ。
 
 昨年末の総括の記事を書いた後むむむと思ったのは、ここのところ何年にも渡ってマダムが肩入れしてきた浦井健治の名前が、記事の中に一度も出てこなかったことでね。
 もちろん彼が出演している作品は全部観ているし、毎回感じるところ、楽しいところはあるんだけれども、マダムが期待する(というより期待とか想像とかをはるかに上回ってびっくりする)演技はしばらく観られていないの。今回の『ブロードウェイと銃弾』もしかり。コメディだから、っていう単純な話じゃない。
 『ブロードウェイと銃弾』に関して言えば、彼だけの問題じゃなくて、1本の芝居として深みがないの。
 禁酒法時代のギャングの話とか、ギャングが芸能界の後ろ盾だったりする話は、たくさんあって(例えばジャージー・ボーイズにもしっかり出てくるでしょ?)、ウディ・アレンはその伝統にのっとって、その伝統を知り尽くしたうえで、パロディのようなそうじゃないようなものを作ったんだと思うのね。で、向こうではウディ・アレンだけじゃなくて、役者も観客も肌でわかるのでしょう。でも日本の若手の役者さんたちは、そういうバックボーンが無いのよ。そこを演出家が放置すると、楽しくても深みや苦味がない話が出来上がっちゃう。 
 でも演出家が放置した部分を、自分でちゃんと埋めて作り上げるのも、主役の役割とも言えるわけで。全部は埋められなくても少しは、できないとね。
 まあ、本人が読んでないのに、こんなこと書いたってしょうがないわけだけど。
 浦井く〜ん、期待してるよ〜。

« 『ヒッキー・ソトニデテミターノ』を観る | トップページ | 翔ぶまで待ちたい『岸リトラル』 »

浦井健治」カテゴリの記事

芝居レビュー 」カテゴリの記事

コメント

キャストが気になるので、どうしよう~?と思っていて…。+ちょっと家族が具合が悪くてしばらくお芝居をパスしていたのですが…。
やっぱり、何か、残るものがほしいですね。もったいない…

こんばんは。
どれも鋭い指摘です!浦井くんのおかげでなんでもO.K.状態(?)の私でも
デヴィッドの脚本は気になりました。内容がわからないので
チーチの助言の効果もわからず、ま、いいか、みたいな気持ち。
あっさりオリーブが殺されてしまうところは、これって後から実は死んでいませんでした、と
なるのかなと思ってしまったのです。プログラムを読んで、ギャングの
殺しが当たり前のようにあった時代だったことを
思い出しました。映画はどんな風なのでしょう。ウディ・アレンだから、
単純なコメディではないでしょうね。
と言いつつ、浦井くんをはじめとしてみんな役にピッタリという感じで楽しそうで、
個人的にはペールトラウマから脱して大いに楽しみました。

マダム、早い!

『ブロードウェイと銃弾』、楽しかったけれど、一夜明けて、見事に何にも残っていないです!(音楽が苦手だからかもしれませんが)曲なんて、サビも含めて、何にも覚えていません。ミュージカルなのに。

これって、どうなの?浦井君の笑顔が見れて良かった、城田君ステキ。。。でよいのかしら?ちょっと残念。

浦井君は次の舞台、『ヘンリー五世』に期待します。城田君の舞台は、演目次第でまた見たいです。

みなさん、反応が早!

ちかさま。
疲れている時には、何にも考えないで楽しめるのでオススメです。城田君のタップダンスが素敵だし!
 
あっぷるさま。
私もペールトラウマだったので、とにかく楽しかったことは事実です。浦井君も楽しそうだったしね。
演出があと一歩踏み込んでいたら、とんでもなく楽しくなっていたかもしれません。惜しいです。
 
Mickeyさま。
確かに音楽もあまり印象に残りません。オリジナル曲ではなくて、この時代の流行歌を使ってるらしいけど、そこは私も詳しくないので(^◇^;)
原作の映画、実は見てないんですが、チーチは脇役なのではないか?という気がしてきました。今回は、二人主役なわけですが。城田君のためにそうしたのか、アメリカでも舞台版はそうだったのかな。
わざと予習はしなかったんですが、いろいろ疑問が湧いてきました。

初日と昨日千秋楽を見てきました。
楽は初日に比べると随分と、まとまりがでて楽しくはなってきていたとは思うのですが。
やっぱり私も劇中の劇の内容がサッパリ分からず
デビッドの本のどこがつまらなく、チーチの手直しのどこが面白かったのかわからなかったので二回目もかなり集中して
脚本を聞いていたのですがやっぱりわかりませんでした。
やっぱりそこがこのミュージカルの楽しさを半減させていましたよね。
あとワーナーやイーデンにも、もっとしっかりスポットを当てて変人ぶりを描いて欲しかったです。
鈴木壮麻さんも保坂知寿さんもとても歌うまで芸達者なのにもったいない。
浦井君もそうでしたが役者さんたちの良い所を引き出せず終わってしまった感があって残念でした。

ホワイトさま。
千秋楽、行きたかったなぁ。
福田さんは、始まってもダメだしするようなタイプじゃなさそうなので、基本、変わらなかったのですね。
いい題材だったので、もっと面白くなったのになあ、と思いますよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ヒッキー・ソトニデテミターノ』を観る | トップページ | 翔ぶまで待ちたい『岸リトラル』 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ