最近の読書

« 新鮮な刺激 新派公演『黒蜥蜴』 | トップページ | 嘆きの王冠 『ヘンリー四世第一部・第二部』 »

嘆きの王冠 第一弾『リチャード二世』

 BBCが製作した嘆きの王冠シリーズ全7作。映画館で是非、全部観るべく、スケジュールを調整しているの。ちゃんと時代順に観たいので、結構大変。
 舞台の中継ではないし、ブログ記事は自分用のメモ程度にしておくので、ストーリーとか詳細知りたい方は、次の参考文献をお読みください。シェイクスピア作「リチャード二世」「ヘンリー四世第一部・第二部」「ヘンリー五世」「ヘンリー六世第一部・第二部・第三部」「リチャード三世」。

 第一弾『リチャード二世』。6月18日(日)、ヒューマントラストシネマ渋谷にて。
 見終わって、まず頭に浮かんだ言葉は、「ベン・ウィショー、ぴったりだったー。そしてネクストの内田健司もやっぱりぴったりだったんだ!」。シェイクスピアのリチャード二世から読み取れることはだいたい、蜷川演出のネクストシアター『リチャード二世』から受け取れちゃっていたんだ、ってこと。王様に向いてない性格の王様だ、ってこととか、ちょっとホモっぽいところとか、最初っからいちいち重要ポイントの判断が間違ってることとか、どんなに苦境に立ってもその状況を詩のような言葉で分析する癖があるところとか・・・うんうん、こういう人だよね、と納得。
 ネクストの舞台より今回はっきりわかったことは、リチャード二世が自分を廃嫡した人々に強力な呪いをかけたところ。この呪いあればこそ、ボーリンブルックがヘンリー四世になってもなお、王座に自信が持てずに死んでいくのがわかるし、この呪いが薔薇戦争の本当の始まりなんだなあ(「ヘンリー六世」のウォリック伯の宣言で始まるんじゃなくて)、と強く感じられた。そこはベン・ウィショーのリチャードにしてやられた感じ。翻訳じゃない、書かれた言葉そのものだからだろうか?

 あとは、やっぱり映画だから、イギリスの風土がふんだんに感じられるのが楽しかった。険しい山はなくて、丘陵地帯にしっとりとした緑が続く道を、追放されたボーリンブルックが戻ってくるところとか、遠浅の美しい海岸で、誰も迎えに来ないのを嘆くリチャードとか・・・シェイクスピアの言葉はイギリスの風土から生まれてきたことが腑に落ちるのよね、映像だとなおのこと。
 あとは恐ろしい処刑のシーンとか、鎧をつけた人間を乗せてさらに自らも鎧をつけられた馬が、重みでまっすぐ走れない様子とか、リチャードが「下へ下へ」と言いながら狭い塔の中を降りていくところとか、色々とリアルだったな。
 
 海辺からアイルランド討伐に出発する時、林立した三角の旗が海風になびく美しさ。その絵柄を見た瞬間、マダムは、子どもの頃熟読したナルニア国物語の挿絵を思い出さずにいられなかったの。そして、マダムがシェイクスピア好きになるのはもう、ナルニアを読んだ時から運命付けられていたのだとさえ、思った。
 
 さてこれから『リチャード三世』まで、先は長いわ。

« 新鮮な刺激 新派公演『黒蜥蜴』 | トップページ | 嘆きの王冠 『ヘンリー四世第一部・第二部』 »

シェイクスピア」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

今回見て、イギリス本国ではリチャード2世の上演、さらには
コリオレイナスの上演が多いのに納得です。
これは役者なら演じてみたいでしょうね。
そして日本では演じられる役者は限られているかも。
圧倒的な高貴さ、そして不遜さ。それが醸し出せるのは難しい。
今日、飛び越えてベネのリチャード3世見ましたが
圧倒的な高慢さ。俳優達の声がステキでした。

とうとう、ご覧になられましたか!
なんだか東京の上映スケジュールがフルマラソン並みに厳しいので、体力的に見られそうもありません(残念)
学生時代だったら、映画館に1日いても大丈夫だったんですが。
。。。名古屋では、一週間に1作品ずつ(古い順に)上映なのに なぜなのか・・

アマゾンでPAL方式のDVD(2500円位で全作買えたはずです)は入手してるんですが、英語字幕なので集中力ないとよくわからなくなるし・・

上映後に、日本語字幕版が発売されれば買うかも・・ですが、日本語字幕版のDVDはめちゃ高くなるんですよねぇ~~泣(たぶんウン万円越えしそうな・・吹替え音声とかは絶対に収録されそうもありませんし。)

・・以下、ちょっとしたネタばれですが、

”ヘンリー6世”のマーガレット、すごい迫力でした!パソコンの小さい画面でみてもすごかったので、大画面だと圧倒されるはず・・・です。
(て、前に書いたかもしれませんが。)
中嶋 朋子さんの”マーガレット” が”小娘”状態になるという(個人的感想ですが。)
・・・そのかわりといってはなんですが、ヘンリー6世の”だめんず”っぷりもハンパなかったです。(浦井さんのヘンリー6世には同情できたけど、このドラマのヘンリー6世にはイライラさせられっぱなしでした。・・という演出だったら、それはそれで大成功だと思いますが。あと、ヘンリー6世の後半、ロン毛のカンバーバッチも見られるというおまけ付きです(笑)。リチャード三世ではばっさりショート(いつものカンバーバッチ状態)にされてました。)

かおりママさま。
一昔前は日本でもいろんなタイプの役者さんがいたけど、今はなんだか均一化が進んじゃってますもんね。誰が次に『リチャード二世』を見せてくれますかねー?
 
わんわんさま。
7本分映画館に通うのは一見大変そうなんですが、家でDVD見るのも意志が弱いので、これまた大変なんです。映画館で上映を見てしまわないと、かなり永遠に見ないかも。というわけで、6月はあまり見たい芝居もなかったことだし、がんばってみます。

・・・ちなみに、DVDでのインタビューでは リチャードのイメージとして、
”イエス・キリスト””マイケル・ジャクソン””ピーターパン”があげられてました

。。ということは、リチャードが餌をあげていたおさるさんは”バブルスくん”だったということでしょうか。最後は主人を亡くして寂しそうにしていたおさるさん、誰かちゃんとお世話をしてくれたらいいな・・(皆さん 殺伐として おさるなんて飼う余裕なさそうでしたが・・・)

わんわんさま。
言われてみれば、ペットの猿との関係とか、マイケル・ジャクソンっぽかったですね。
大人になりきれない感じなのが、リチャード二世のイメージなんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新鮮な刺激 新派公演『黒蜥蜴』 | トップページ | 嘆きの王冠 『ヘンリー四世第一部・第二部』 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ