最近の読書

« 『ビッグ・フィッシュ』を観る | トップページ | 横田栄司 in チェーホフ! »

王道をゆこうよ

 愛よね。愛がなくちゃね。かみしめながら、書き始めるわ。

 かつて、ミュージカルは苦手と公言してたマダム。最近はなんだかんだで、帝劇やら日生劇場やらに行ってしまうようになった。全ては、Starsのリーダー井上芳雄のせいよ。彼らの活動に熱狂しているうちに、ミュージカルにすっかり散財してしまってる。策士だよねー、井上芳雄。
 Starsの武道館コンサートで、キンキラキンの衣装で「最後のダンス」を歌われた日にゃあ、もう降参。思わずマダムは「トート、やってえーっ!」と叫んでしまい、そのあとホントにトートをやることになったんだから、凄いというか偉いというか。マダムのみならず、マダムの周りの友人たちも大挙して帝劇に押し寄せることになったの。
 でも、トートに辿り着いたあと、彼は少し立ちすくんでいるように思える。

 彼が『黒蜥蜴』に出演するという記事を読んで、マダムは唸ったわ。いったいどこへ行こうとしているんだ、貴方は。そのあとも次々、ストレートプレイのラインナップが聞こえてくるけれど、マダムはどうも気が進まない。それはマダムのみならず、まわりにいる、マダムより昔から彼をずっと観てきたファンも同じ様子で。
 はっきり言うけれど、これは彼が結婚したからでは断じてない。もしファンの気持ちが揺れているのを、結婚したからだと考えているなら、その考えこそが、ファンが離れるいちばんの理由なの。ファンはね、結婚しようが離婚しようが、また結婚しようが、実はそんなことはどうでもいい。舞台で輝きを放ってくれればそれでいいの。その輝きに翳りが見えるから、みんな付いていくことに躊躇しているのよ。そこを理解しないなら、それを結婚のせいにしてるなら、今の壁を乗り越えることはできないよ。みんな、彼が壁に直面してるのを感じてる。バカじゃないのよ、ファンは。

 模索しているんだってことは、よくわかるの。でも、やっぱりマダムは彼に歌ってほしい。彼の魅力の80パーセントが歌なの。そこを極めてほしい! もうストレートプレイで修練しなくていい。いまさら修練なんか見たくない。ミュージカルを極めようよ。修練ならミュージカルでしようよ。逃げないで。だって・・・数多いるミュージカル界の王子たち(浦井健治や山崎育三郎、中川晃教や城田優、田代万里生etc、etc)のなかで、井上芳雄こそが皇太子だと思うから。王になることを嘱望されているの。そういう道を歩んできたでしょう?それを王道と言わずしていったい何が王道でしょう?
 だから。
 井上芳雄は・・・・ジャン・バルジャンをやるべきだ、とマダムは思うの。
 言っとくけど、ジャベールじゃダメなの。ジャベールは彼に向いてる役。すぐ出来ちゃうから。それじゃダメなの。自分の殻を破り、壁を乗り越えて、ジャン・バルジャンをやれるミュージカル俳優になってほしい!
 そうしたらまた、マダムたちは大挙して、帝劇に押し寄せるよ。ちょっと悔しいけど。マダムはまだ、日本のミュージカル、認めてないからさ。でも、マダムをミュージカルの世界に誘ったのだから、責任があるのよ、貴方には。
 だから。ジャン・バルジャンを目指せ!
 狭き門より入れ。王道を行こうよ。Climb Every Mountain!
 
 マダムの声が彼に届くかは甚だ疑問だけど、そして何様のつもりだって言われちゃう恐れを乗り越えて尚、マダムは言いたかったの。何も言わずに去るには、愛がありすぎる。

 

« 『ビッグ・フィッシュ』を観る | トップページ | 横田栄司 in チェーホフ! »

StarS」カテゴリの記事

井上芳雄」カテゴリの記事

芝居あれこれ」カテゴリの記事

コメント

マダム、チャレンジングなブログ、思い切りましたね。
ここのところ、ずーっと(たぶん、あの情熱大陸から)感じて来たことですもんね。
マダムの、この大きな愛が、彼に伝わりますように。

王子はいつか王になってくれなきゃ‼
彼の圧倒的な声を聞きたい。
歌でこそ、井上くんの激しい情熱や闇を
表現してくれると思う。
井上くんのジャンバルジャン是非見たい‼
すぐじゃなくて良いからさ

ぷらむさま。かおりママさま。
エッジがたちすぎてる記事なので、こわがって皆んなコメント欄に来そうもないですが、
さすがお二人は剛の者。
まあ、本人には伝わらないですよね、こんな片隅で叫んでもねー。
彼の周りに苦言を呈する人がいないと、王様は王様でも裸の王様になりかねないんですけどね。

私も愛を叫ばせて頂きます!
ひょっこりを見てしまったあたりから、これからは何でもかんでも井上君だからと言って観るのはやめよう、と思うようになりました。
そこが浦井君とは違うところ。
ひょっこりのマダムブログでのどなたかへのお返事で「知名度が利用されてしまう立場、義理だけで仕事を引き受けてはいけない。」とあり、心に刺さりました。
私も作品を、選ぶ目を養わなければ、と。
マダムがよくおっしゃるように浦井君(事務所⁈)は作品選びが絶妙。
井上君はここの所あまり上手く行ってないように思います。
情熱大陸も酷かった、、
レミゼ・ジャンバルジャンときましたか‼︎
レミゼ、ミスサイゴンあたりは彼の頭の中には無いな、と思ってましたので殻を撃ち破る意味では良いかも‼︎

出遅れてしまった!?
マダムの愛に溢れたメッセージ、しかと受け止めました(井上君にも届くといいな)!

ここ3年ほど、井上君の舞台はミュージカル、ストプレ、コンサートと、チケットが取れる限り見て来ました。でも、正直なところ、ストプレ、それも日本語で書かれた日本を舞台にした新作では彼の魅力が全然伝わってきませんでした。

同じストプレでも、昨年の『アルカディア』のセプティマスは井上君以外に考えられないほどでした(他のキャスティングも良かった♥)。やはり出演する作品を選んでほしい。最近はトーク番組への出演も増えていますが、舞台で活躍してくれれば満足です。

しかし、ジャン・バルジャン!! ジャベールは想定内ですが、ジャン・バルジャンとは!!
考えてみれば、ラミンやJOJといったミュージカルスターが演じているのですから、井上君もぜひ演じてほしい!
井上君の歌う「彼を帰して」が聴きたくなりました♥

ホワイトさま。
みんな、ここで愛を叫ぶの、いいですね。
浦井くんの(ていうか事務所でしょうけど)作品選びはホントによく練られた戦略だといつも、感心します。ただ主役級になっちゃったんで、これからは更に大変だとは思っているのですが。
井上くんは、ここにきて、急激に迷いが見えます。そう、あの情熱大陸から一気に顕在化してきました。情熱大陸で私たちが感じ取ってしまったことを、彼が理解してないのがね、歯がゆいですね。

Mickeyさま。
セプティマスは似合いすぎでしたね。あそこまでピッタリな役はないでしょうから、そこまで求めないけど。明智小五郎はあんまりです。同じ大人の男の役なら、ジャン・バルジャンやれよ、と思ったわけです。それで苦労するなら本望でしょ?
本人に伝えたいなあ。だって、このままじゃ、私たち、だんだん井上くんから遠ざかってしまいますよ?

泣けてくる、マダムの愛。
「情熱大陸」を見た時、なぜこの人は結婚する、しないにこだわるのか、大いに首を傾げました。昭和のアイドルじゃあるまいし、なぜ自分が愛されているのかわからないのだろうか、
それはないだろうと不安を感じました。

マダムの声を届けたい!
レミゼにも新しい王が必要でしょう。
あの声を愛しているので、これからの悲願にします。

hikaruさま。
愛だと思ってもらえないかもしれないのが、辛いところです。
でもこの愛が理解できないんだったら、もう知らないぞ、というちょっと脅しの効いた愛(?)かな。
情熱大陸をみたファンの本当の気持ち、まだ、わかってないのかしら。
本人に伝わるすべはないものでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ビッグ・フィッシュ』を観る | トップページ | 横田栄司 in チェーホフ! »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ