最近の読書

« チャリティの壁を越えて 『ダディ・ロング・レッグズ』その2 | トップページ | 取捨選択! »

「竜也&鋼太郎でシェイクスピアを」やることになった

 だいぶ前にマダムは「竜也&鋼太郎でシェイクスピアを」 という記事を書いた。興味のある方、まずは、お読みくださいな。

 読んだ?

 これを書いたのが2010年の9月だから、もう3年以上経ってしまったのね。すっかり諦めちまった頃になって、蜷川御大、やっとやってくれるの。今年10月のさい芸シェイクスピアシリーズ『ジュリアス・シーザー』。遅い!けど、やっぱり嬉しい。
 昨年、子供のためのシェイクスピアで観て以来、すっかり『ジュリアス・シーザー』の面白さに目覚めたマダム。今度のさい芸版は、藤原竜也&吉田鋼太郎のみならず、超絶技巧な役者がずらりと顔を揃えてて、舌を巻くわ。主役の阿部寛はまあ、あんな感じとして、藤原竜也、吉田鋼太郎、横田栄司、大石継太、ベテランのたかお鷹、間宮啓行、それに文学座の星智也も出る。蜷川本格組、全員集合よ〜。
 ということで、配役予想してみる。楽しいんだな、こういうのが。
 
 阿部寛・・・・・ブルータス(これだけは発表になってる)
 藤原竜也・・・・アントニー
 吉田鋼太郎・・・シーザー
 横田栄司・・・・キャシアス
 大石継太・・・・ルシアス
 星智也・・・・・オクタヴィアス・シーザー

 ってところかしら。
 阿部寛のブルータスはイメージ、合ってるわ。真っ直ぐで骨太で、無骨な感じ。筋を通しさえすれば、結果がついてくると信じてる人。一方のアントニーは、策士で、一見爽やかそうだけどウラがあり、舌先三寸な男。みんなが騙されちゃう口のうまい奴。ブルータスとアントニーが、鮮やかに対照的であることが、この芝居の肝なので、藤原竜也は相当がんばらなくちゃいけないわ。
 吉田鋼太郎=シーザーは、この顔ぶれなら間違いなしだと思うけれど、少し残念なのは、シーザーはタイトルロールのわりには早く死んじゃうのよ。マダムは吉田鋼太郎と藤原竜也のがっぷりよつを期待してたので、そこはちょっと無念。
 キャシアスはブルータスの盟友。この芝居の中で、役者なら誰でもやりたくなるような、いい役なの。例えば「ハムレット」でいえばホレーシオ、「ロミジュリ」でいえばマキューシオみたいな、ね。マダムは今回キャシアスを横田栄司にやってほしい、どうしても。ここは、予想というより願望で、横田栄司に1票!
 ルシアスはブルータスの忠実な従者。ずっとブルータスに付き添い、他の誰よりも忠実であることを最後の最後に示してみせる。皆の涙を全部さらっていくような役。大石継太で一度想像したら、もう他の配役が想像できなくなったー。似合い過ぎる。
 星智也は身長190センチくらいあるでしょ? 目立ちすぎて、普通の「部下」みたいな役はできないよ。なので、当然、シーザーの後継者、オクタヴィアス・シーザーで決まり。
 
 さて、本当の配役はどうなるかしら。蜷川御大はマダムの記事なんか読まないので、影響はないけれど、どうか、他の配役はどうでも、キャシアスを横田栄司でよろしくお願いしまーす。
 ホントはね、『ジュリアス・シーザー』のすぐあとに『アントニーとクレオパトラ』が観たいのよ。二つの作品は合わせ鏡、っていうか、本編と続編ともいうようなものだとマダムは考えてるから。『ヘンリ−6世』のあとに『リチャード3世』があるみたいにね。
 

« チャリティの壁を越えて 『ダディ・ロング・レッグズ』その2 | トップページ | 取捨選択! »

シェイクスピア」カテゴリの記事

吉田鋼太郎」カテゴリの記事

横田栄司」カテゴリの記事

藤原竜也」カテゴリの記事

蜷川幸雄」カテゴリの記事

コメント

こちらの記事のキャストを読んでしまうと まさにハマリ役
他が思いつかないくらいで 楽しみです~
蜷川さん脚本ははずしても キャストははずさないから
なんとか リピートしなくっちゃと 今から張り切っています

キャストと言えば 8月にあるという ニナガワ・シェイクスピア・レジェンド
ロミ&ジュリのキャストがまだ発表にならなくて
ということは 有名どころは出演なさらないのかな…

Viola-san
こんばんは。
『ジュリアス・シーザー』のキャストが発表された時は、思わず叫んでしまったほどです。贅沢な舞台になりそうですね。マダムのキャスティングを見るだけで、それぞれの役者さんが衣装をまとう姿が目に浮かび、是非このキャスティングで!と念じています。

『ジュリアス・シーザー』というと、昔、東京グローブ座で見た舞台の印象が強いです(1994年、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー、デビット・サッカー演出だったもよう)。客席の椅子を取り払い、観客は全員立ち見でした。ブルータスとアントニーが左右の2階席?に立ち、演説をするたびに、観客はスピーカーの方を向き、ローマ人の気分を味わいました。こういう観客参加型なら大歓迎!というわけで、私は演出にとっても期待しています。

こういうキャスティングをして楽しめるのも、シェイクスピアの良さですね。

mimi2さま、こんにちは。
確かに「ロミジュリ」については、なんにも発表がないですよね。
ネクストでやるのかしら? 気になるところです。

Mickeyさま、こんにちは。
シェイクスピアは、歌舞伎に近い楽しみ方ができますね。
同じ役を違う役者で観る楽しみがあります。
経験が蓄積すると、さらに楽しくなる感じです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チャリティの壁を越えて 『ダディ・ロング・レッグズ』その2 | トップページ | 取捨選択! »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ