最近の読書

« 2014年が始まりました。 | トップページ | ホタルイカ再び »

『冬眠する熊に添い寝してごらん』を観る

 今年の1本目。1月13日(月)マチネ、シアターコクーン。

『冬眠する熊に添い寝してごらん』
作・古田日出男 演出・蜷川幸雄
出演 上田竜也 井上芳雄 鈴木杏 立石凉子
   石井愃一 勝村政信 ほか

 覚悟の上の観劇なので、あっけにとられたりがっくりすることはなかったのよ。
 観終わってマダムが一番に言いたいことは、蜷川幸雄ってえらいな、ってことだわ。
 台本が来た時「参ったな、難しいものがきちゃった。と思った」と言ったそうだけど、本音としては「失敗した・・・間違った相手に発注してしまった・・・」と思ったんじゃないかしら、とマダムは勝手に推察してるの。だけど、自分が発注した責任を取って、本のせいにはせず、持てる全ての手を繰り出して、とにかく芝居の形に仕上げた。こりゃあ、やっぱり蜷川幸雄にしかできないような舞台なのよ。そこはもう、褒めるしかないの。
 台本は、唐十郎の出来そこないみたい。空間、時間の飛び方や、イメージのあり方なんかが唐十郎を連想させる(ということは野田秀樹をも連想させるということよ)。のだけれど、いざ声にしてみたら言葉としては凄く貧弱なせりふが多いし、聞き惚れるような美しいフレーズがあるわけでもないし、兄弟が一人の女を奪い合うという面白い設定も描かれ方がテレビサイズだし、その恋の行方と明治以来の新潟のありようとの結びつけ方も練られてないし、壮大そうであまり壮大にならず・・・よく、幕が開いたな、やっぱり蜷川幸雄は凄い・・・という褒めてるような、けなしてるような、感想になってしまうの。
 だけど、年末に観た『マクベス』に感じたような怒りや憤りは無くて(って、しつこいかしらね)、全体としてはけっこう飽きずに観た。それはやっぱり、演出家と役者が逃げたり適当に逸らしたりせずに、真っ向から観客に向き合ってるのが伝わってきたから。

 主演の上田竜也は、2階の後ろの方にいたマダムにも全ての台詞がちゃんと聞こえ、1幕目のやんちゃさから2幕目の狂気への変化も演じ分けて、とてもよかった。鈴木杏も紅一点(といっていいよね)の責任を一手に引き受けて堂々としてたし、立石凉子や石井愃一や勝村政信はもう、さすがの安定感で持ちこたえていたの。
 そして井上芳雄。蜷川作品10年ぶりの出演は、吉と出たね! マダムが予想したよりは普通な役だったんだけど、これでもうハムレット以来のトラウマを克服したに違いないし、どんな役だってやれると思うわ。いい子ちゃんの殻を脱ぎ捨てた感じ。これを機に、さらにいろんな役(特に黒い役)を魅力的に演じてほしいな。

 本作を皮切りにどんどん新作を繰り出していく予定の蜷川御大。取捨選択が難しい1年になりそう。

« 2014年が始まりました。 | トップページ | ホタルイカ再び »

井上芳雄」カテゴリの記事

芝居レビュー 」カテゴリの記事

蜷川幸雄」カテゴリの記事

コメント

Viola-san
今年の初観劇お疲れ様でした!(4時間ですものね)

さすがマダムはきれいにまとめていらっしゃいますね。私は、見ている間も見終わってからも頭の中が疑問符でいっぱいでした。。。チラシの説明文から受ける印象とはかなり違った舞台で、とにもかくにもあの混沌とした脚本を1本の芝居として仕上げた蜷川さんの手腕と役者さんの頑張り(今までにない井上君が見られました)に拍手です。

今回、マダムのご指摘通り、昨年の『マクベス』のようなガッカリ感はなかったです。演出家も役者さんも戯曲に真正面から真摯に向き合っていましたから。これ、大事ですよね。

マクベス・ショックの対策として、早々に文学座のシェイクスピア公演を申し込みました。文学座のブログを読んでいたら「シェイクスピアの戯曲はト書きが少なくて(少なすぎることもある)、自由度が高い」とあり、はっとさせられました。『冬眠する熊』の戯曲はト書きが多すぎて、演出する上で自由度が低かったのではないでしょうか?とすれば、手持ちのカードを次々と繰り出したような蜷川さんの演出も頷けます。

今年も新作、再演で休む間もないようなスケジュールが少し心配ですが、蜷川さんにはお体に気をつけて、良い舞台を見せていただきたいです。


Mickeyさま、おつかれさまでした。
到底、あらすじをまとめることは無理、と思ったので、こんなレビューになりました。
あんなに字幕を読ませる舞台も珍しいですよね。私は途中で読むのを諦めちゃったけど。

マクベスショックって、いい言葉ですね。今後、使おうっと。
干しホタルイカとか、マクベスショックとか、ブログ内流行語を皆さんが作ってくれて、嬉しいです〜。

はーい、私は珍しく日曜日に観劇予定です。
覚悟はしていたので、アレだけど、
さらに覚悟して行きます(笑)。

ぷらむさま。
出だしで、いきなり「いつものあれか〜?」と思われると思いますが、乗り切ってあげてください。
ま、私たち、覚悟の上ですから、ね。

先週観て来ました。
覚悟して腹をくくったのが良かったのかどうか、意外と面白かったです。
役者さんがかなり慣れて来て、テンポがまとまって来たこともあったかと思います。
戯曲としての良いのかどうかわからないけど、
(あーいう具現化できない文章を「戯曲」に書くのはわざとかも知れないけど、チガウと思う)
なんだか、気持ちよくだまされて来ました。

そして、今日、浦井君の『シャーロック・ホームズ』を観て来ました。
今、うっかり「浦井君の」って書いちゃったけど、そう言って良いと思います。
影の主役。
で、また歌そのものが上手くなった気がするのよね。
そして、あのハードル高い役をやすやすと演じてみせるのが、すごいです。
いや、まあ本来の主役のさとし(橋本)さんも、すごいんだけども、それ以上に
浦井君を堪能しちゃいました。
〜なんて、マダムの期待値あげちゃったら、いけないかな。
でも、期待して大丈夫だと思いますよー。

ぷらむさま。
そうなんです。戯曲に対しては???ですけど、公演としてはちゃんと成立しちゃってるんですよね。妙に感心しました。

そしてそしてそして、『シャーロック・ホームズ』!
やっぱり、やっぱりですか?
うわあ、もうメッチャ期待しちゃいますよお。
来週なんです、私。うう、待つのが辛い。
Starsのメモリアルブックを眺めて、こらえようっと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年が始まりました。 | トップページ | ホタルイカ再び »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ