最近の読書

« リチャード三世の遺骨? | トップページ | 夏バテ日記その3 高倉健を囲む人々 »

吉田鋼太郎×別役実!

 

吉田鋼太郎が別役実の『マッチ売りの少女』を演出するんですって!自分の劇団AUNで、「実験公演」なんだそうよ(公演の詳細については→ここ )。
 ちょっと驚き。
 マダムがAUNを見始めたのはここ数年のことなので、それ以前は知らないけれど、とにかくAUNはシェイクスピア上演のための劇団だと思っていたからね。
 しかも、別役実。そう来たか、という感じよ。

 ただね、去年の春の『ヴェニスの商人』(素晴らしかった!レビューは→ここ  )を観たとき、吉田シャイロックが黒いこうもり傘をさしてバス停に立っているのを観たとき、マダムは感じたんだよね。あ、もしかして、吉田鋼太郎は別役好きかも、って。

 ということなので9月は劇場に行かないかもしれないと思ってたけれど、急遽、行ってみることにしたわ。
 2回しか公演が無いから、興味のある方は早く申し込んだ方がいいかもよ。

« リチャード三世の遺骨? | トップページ | 夏バテ日記その3 高倉健を囲む人々 »

吉田鋼太郎」カテゴリの記事

芝居あれこれ」カテゴリの記事

コメント

むくるりさま。
たぶん同じ日にみると思いますよ。
でも私は凄く家が遠いので、終わったら、ハイスピードで帰らなくちゃならなそうなんですけどね。

Viola-san
こんばんは。
『マッチ売りの少女』、かなり前に、今は無きベニサンピットで見ました。主役の少女は久世星佳が演じていました。ストーリーは全く覚えていませんが、確か不条理劇でしたよね。不条理劇って、楽しいわけではないし、よくわからずに終わることも多いのですが、吉田さんの演出というのと、AUNの役者さんで見られることに惹かれて、私も思わず申し込んでしまいました。座席も少ないようなので、ちょっとドキドキしています。

Mickeyさん、こんにちは。
私は昔戯曲を読んで、さっぱりイメージ湧かなかったんです。
で、2年くらい前(?)NHKの中継で観ました。
藤純子と寺島しのぶ親子の共演という豪華さでしたが、息苦しくなるような舞台でした。
まあ、楽しい戯曲ではないです。
でも、突然別役実をやりたくなった吉田鋼太郎に興味がありますね。

Mickeyさん、2年くらい前ではなく、2008年1月24日の記事で感想をアップしてました。
よろしかったらお読みください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リチャード三世の遺骨? | トップページ | 夏バテ日記その3 高倉健を囲む人々 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ