最近の読書

« 挑戦する岡本健一 その2 | トップページ | 『泣き虫なまいき石川啄木』を観る »

蜷川演出『アントニーとクレオパトラ』

 開幕したばかりの芝居、観てきたよ。10月2日(日)マチネ、さいたま芸術劇場。

『アントニーとクレオパトラ』
作・シェイクスピア 訳・松岡和子
演出・蜷川幸雄
出演 吉田鋼太郎 安蘭けい 池内博之
   橋本じゅん 熊谷真実 ほか

 実は夏のあいだにマダムは『アントニーとクレオパトラ』を読んでおいた(小田島訳だけど)。なぜかって、前に舞台を観たとき、どうも良くわからないところが多かったから、今回は予習しておこうと思って。
 だけど、予習の効果はあまり無し。かえって、余計にわからないところが増えた。なんてったって、登場人物は世界史上もっとも有名な女王と、ローマ帝国の英雄たちなのよ。それなのにやってることは、ちまちました恋愛ごっこのように読めてしまってね。それにどれがエジプトでどれがローマなんだか、本ではすぐ理解出来ないし。
 だいたい、何だってこんなわがままな女に、ここまで惚れ込んでいるんだろ、アントニーは? 台本だけ読んでると女王とか英雄とかに全然思えない。男を焦らしたり試したりしてる嫌な女と、女に夢中になって身を持ち崩していく中年男の話じゃないの、これは?

 ところがところが。
 蜷川幸雄のビジュアル演出にかかると、どんどんマダムの中で謎が解けていったのだった。
 まず、どうしてこんなわがままな女にアントニーが惚れ込んでるかという謎だけど。そりゃ、もう、クレオパトラが美しいからに決まってた!! マダムは安蘭けい、初見だったけど、とにかくスタイル抜群で、身体の線がはっきりとわかるドレス姿がメチャクチャ綺麗。とっかえひっかえする輝くドレスの割れた裾から見える、脚の美しさといったら・・・男は惚れて当然。美しければ、それが説得力。なんでこんな女に惚れるのかだなんて、女王でもなく美しくもない普通の女が考える、浅はかな疑問だった・・・。
 吉田鋼太郎のアントニーも凄く格好良かったの。白いマントの裾をたなびかせながら、女王の肩を抱き、颯爽と歩く。あー、素敵だーって、素直に思っちゃって。ビジュアルの魔法で、ちゃんと王と女王の物語へすんなりいざなわれていったわ。
 さらにビジュアル演出の魔法の凄いところは、白い壁にほんのり映し出す映像と、白い巨大な彫刻を入れ替えることで、瞬時にエジプトとローマを場面転換させちゃうこと。とっかえひっかえエジプトだったりローマだったりするのに、すぐわかって、混乱しないの。さすがだなあ。
 そんなこんなで、本を読んだときにはわかりづらかった物語が、スラスラと入ってきて、面白かったのよ。

 でもやっぱり本を読んだ時の印象が全く間違いだったわけではなかったの。
 
 ローマの将軍であるアントニーがエジプトでクレオパトラとイチャイチャしている隙に、ローマでいざこざが起こり、妻は死に、オクテヴィアス・シーザー(あの有名なシーザーの息子ね。あれ、甥だっけ?)は苦境に立たされる。アントニーは渋々ローマに帰るんだけど、凄ーく微妙な立場になっちゃって、シーザーの姉オクテーヴェアと政略結婚して、とりあえずシーザーと仲直りし、共通の敵を倒す。
 でも敵を倒しちゃった後はやっぱり、疑心暗鬼再発で、アントニーは殺られる前にエジプトに逃げ帰り、結局はシーザーと戦うことになる。クレオパトラも女王として戦場へ出て行くんだけど、これが裏目に出て、敗北する・・・。
 って、あらすじを書くと、なんだか戦記物っぽいでしょう?マダムも『ジュリアス・シーザー』の続編だと思い込んでたところがあるんだけど、そうじゃなかったの。
 やっぱりこのお話は、名だたる軍人だったアントニーがクレオパトラに惚れ込んだあまり、骨抜きになって、判断力が衰え、自滅していく物語だったのよ。
 で、最後にはアントニーもクレオパトラも自害しちゃって終わりなので、聞いただけなら悲劇だと思うでしょう?それが違うの。途中、客席からは何度もクスクス笑いが起き、二人が死んでも悲しさをほとんど感じなかったの。
 アントニーは捕虜になるような恥を受けるくらいなら自害しようと、かねて命令してあったように家来たちに自分を殺せと言うんだけど、誰も怖がって寄り付かないし、自分で胸を刺してもすぐには死ねない。その様子は悲劇というより、情けなーい感じなの。
 例えばマクベスが夫人の死を聞いて、いよいよ死に向かっていく決意を固める王らしさとか、ロミオがジュリエットを追ってあっという間に死んでいく潔さとか、そういうものとは縁遠い。
 つまり、中年の恋は、若者の恋のように美しくもなく、はかなくもなく、潔くもないんだよ。そう、シェイクスピアは言っているようだった。


 最後に不満を二つと疑問を一つ。

 不満はね。唯一シェイクスピア劇らしい葛藤を見せるのが、アントニーの腹心イノバーバス(橋本じゅん。好演!)なんだけど。アントニーを見限ってシーザー側に寝返ったものの、それでも財宝を送ってよこすアントニーに、自責の念に駆られ、道端で悶死しちゃう。葛藤とドラマのあるいい役なのに、衣装も髪の色も他の人たちと全く同じなので、紛れ込んじゃうのよ。他の人と区別がつかなくなっちゃうの。マダムは予習の成果で、かろうじてわかったけど、普通に観てたら、どれがイノバーバスか、最後にはわからなくなってしまうわよ。彼だけは特別な色の帯をつけるとか、なにか工夫が必要よ。
 あとはね、蛇!あれだけがどうもぬいぐるみっぽくって。他のビジュアルの美しさと釣り合ってなかった。
 疑問はね。オクテヴィアス・シーザーとオクテーヴェアの姉弟って、あれはなんなんでしょう?近親相姦っぽい、ベタつき感なの。シェイクスピアのことだから、絶対なにか意図があるなーと思う。でも疑問は疑問のままだった。


 というわけで、ドキドキはあまりしなかったけど、眼に美しくて、楽しい3時間半だったわ。
 

« 挑戦する岡本健一 その2 | トップページ | 『泣き虫なまいき石川啄木』を観る »

シェイクスピア」カテゴリの記事

吉田鋼太郎」カテゴリの記事

芝居レビュー 」カテゴリの記事

蜷川幸雄」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
早速、いらっしゃったのですね。
きっと、マダムはご覧になるだろうな〜と思っていました。
私は、遠さと長さと演目に腰が引けて、チケットを取りませんでした。
何度も大変な目にあったので「さいたま」は極力避けてしまう私です。
移動の所要時間から言ったら、神奈川も大して変わらないのに、
心理的な遠さだと「さいたま」の方が2倍くらい遠い気分・・・・。

そんなわけで、マダムの感想を読んで、観た気分に浸りました。
ありがとうございます。

そうそう、安蘭けいさんは「歌の人」でもあって、あの細い体なのに
力強い声で、歌われるとまた印象が違うかと・・・・。
鋼太郎さんの安蘭けいさん評は「大阪のおっさん」だそうですが。

Viola-san
こんにちは。『アントニーとクレオパトラ』いらっしゃったんですね。
私は今週末の観劇になります。
今日はブログのタイトルだけ見て、Violaさんの劇評を読まずに見てきます!

今、松岡先生の本を読んでいるところですが、場所も時間もすぐ飛ぶし、登場人物も
多いのでなかなかついていけません。。。

ぷらむさま、お久しぶりです。
確かにさい芸は、遠いです。中はいい劇場なんだけど、ロビーは地味だし、まわりに何も無さ過ぎ。
帰りに友達とお茶するのに、わざわざ電車で移動しました。あんまりです。
安蘭けいさん、美しかったですよー。でも、やっぱり男役だった(ですよね?)人って男前なんです。色っぽさとか、妖気とかは少し足りなかったかも。


Mickeyさま、こんにちは。
楽しんできてください。観終わったら、またどうぞ。

Viola-san
こんにちは。
今日のマチネを見てきました。
劇場に入ると、歌舞伎の定式幕の中央にシェイクスピアの顔を描いた幕がかかっていましたが、これって、初めてではないでしょうか?リニューアル後は、彩の国シェイクスピア・シリーズではこれを使うのかしら?

『アントニーとクレオパトラ』の舞台そのものは久しぶりの蜷川シェイクスピアらしくて楽しめました。ただ、戯曲の問題でしょうか、ワクワクドキドキ感や感動はなくって、アントニーが死んでも悲しくありませんでした。(確かに笑い声が聞こえました)

今回、幕開きに役者が並んで挨拶した以外は、幕開きの3分間、特に意表をつく演出はなかったですね。

ヘビ。。。大蛇を現したのでしょうが、おもちゃっぽかったですね。クレオパトラが死んだ後、扉の向こうに消えるヘビの動きが気になりました。

Mickeyさま。
やっぱり同じような感想を持たれたみたいですね。
この本、かなり難しいんじゃないでしょうか。
出てくるだけで皆が悩殺されちゃうような色っぽい女優(そんな人、いるのかわかりませんけど)じゃないと、だめなのかも。
誰か、思いつきますか?

それでもけっこう楽しかったですねー。そこは蜷川さん、さすがです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 挑戦する岡本健一 その2 | トップページ | 『泣き虫なまいき石川啄木』を観る »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ