最近の読書

« 『熱海殺人』事件 風間杜夫編 | トップページ | 祝メールと『ヘンリー六世』 »

特報 吉田鋼太郎からのコメント

 皆さん!マダムのブログ、始まって以来の大事件が起きたよ。

 

吉田鋼太郎さん御本人から、コメントが来たの! ああ、今でも信じられない。アンビリーバボー! ホントにホントですよね?本当に、御本人ですよね?(コメントが付いた記事は→ここ

 個人のブログとはいえ、一応全世界に公開しているわけだから、どなたか関係者の眼に触れることはあるだろうな、とは思っていたのよ。だけど、まさか吉田鋼太郎さんからコメントいただけるとは! これまでメチャクチャ勝手なことを書き散らしているので、恐縮の極みです。だけど、やったあ! 嬉しい・・・(涙)。

 何度も言ったように、鋼太郎さんの芝居を観始めて、もうかれこれ四半世紀になる。とても他人とは思えません。一人の舞台俳優と一人の熱心な観客としての関係は、どちらかが倒れるまで続くの。先に倒れないよう、マダムも頑張りますわ。
 だから、鋼太郎さん、お酒と怪我に注意して、これからもずっと頑張ってくださいねー!

 今日は、マダムのブログ、記念すべき200本目の記事でした。こんな時に、励みをくださって、鋼太郎さんに心の奥底からの感謝、です。

« 『熱海殺人』事件 風間杜夫編 | トップページ | 祝メールと『ヘンリー六世』 »

吉田鋼太郎」カテゴリの記事

芝居あれこれ」カテゴリの記事

コメント

本人です、ご安心ください。なんだか随分たくさん、わたくしの事を取り上げていただいているようで恐縮です。本日はヘンリー六世の稽古がお休みで、ゆっくり読ませていただこうと思っています。シェイクスピア・シアターに在籍していたのは、22歳から2年間ほどで、厳密に言えば今の竜也より少し年下でした。竜也のハムレットを見た時はあまりの達者さに、逆にこの若さでこんなに出来上がってしまっていいのかなと余計な心配をしたものです。ま、彼もダメな時はダメなので杞憂に過ぎませんでしたが。ヘンリー6世順調に仕上がって来ていますので、是非ご覧ください。また、厳しいご批評期待しております。

吉田鋼太郎さま。

本当に御本人だったんですね。
感動し過ぎて、気が抜けたようになってしまいました。

読んでいただくのはとても嬉しいのですが、色々と失礼な言葉も書いております。どうぞ、ご容赦ください。ただ、出来うる限り、自分の好き嫌いにとどまらない批評を書こうと、心がけているつもりです。そしてなにより、芝居が面白かったら、それに匹敵するくらい面白い文章で書きたい、と。

今後も客席から観続けますので、どうぞよろしくお願いいたします!

マダムさま、あちらもこちらも読ませていただいて、ちょっとドキドキが止まりません!!
こんなことがあるんですね!ネットって凄い、、、

(吉田鋼太郎さま、横から失礼します。『ヘンリー6世』楽しみに拝見させていただきます)

shuさま。

そうなんです、こんなことって、あるんですー!!
私は、朝からずうっとドキドキが止まりません。お、おちつかなくちゃ・・・。

きゃー、鋼太郎さんからメッセージが届くなんて!素晴らしいですね!
私も鋼太郎さんのお芝居と、マダムの劇評を楽しみにしていますので、がんばって下さいね。

かおりママさま。

結局今日は一日落ち着くことは出来ませんでした。
でも、当然ですよね!こんな画期的なことが起きちゃったんですもの!

しばらくお邪魔しない間に、素敵なことにnっていたのですね。
よかったですね~。

マダムの心からの言葉が通じたのだと思いますよ。
心からおめでとうございます。

yurikoさま。
ありがとうございます!!

芝居ファンなんていう狭ーい森にこだわって、ちまちまとブログ書いてきたら、いきなり前が開けて陽の振りそそぐ草原のただ中、という感じです。あー、びっくりした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『熱海殺人』事件 風間杜夫編 | トップページ | 祝メールと『ヘンリー六世』 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ