最近の読書

« 身毒丸は身体に毒? 再び『COFFEE SHOP2』から | トップページ | ここが思案のしどころ »

『野田版研辰の討たれ』にひれ伏す

 

 シネマ歌舞伎『野田版研辰の討たれ』を観に、東劇へ行ってきた。シネマ歌舞伎は『ふるあめりかに袖はぬらさじ』(レビューは→ここ )に続いて2度目。

 野田秀樹が『研辰』で歌舞伎を初演出したのは2001年8月の納涼歌舞伎。以来、『鼠小僧』『愛陀姫』の計3作品を演出し、歌舞伎座で野田演出が観られるのも恒例になったよね。
 のだけれど、マダムは今まで1本も観てなかったの。チャンスがなかったと言えばそうなんだけど、わざとチャンスを作らないようにする力が自分の中に働いていたような気がする。
 だってね、これは中村勘三郎の陰謀だって思うのよ。コクーン歌舞伎に続いて野田秀樹まで歌舞伎に引っぱり込んで、マダムを歌舞伎の世界に引き寄せようとしている!一度足を踏み入れたら、もう決して逃げられないに違いない、甘美な世界。時間もお金も捧げ尽くしてしまうに決まってる。罠だわ、これは・・・。
 マダムは他の芝居を観続けるために、これまでこの甘い罠を避けてきたの。でも、シネマ歌舞伎ならいいかな、って油断した。で、飛んで火に入る夏の虫よろしく、舞台の炎に身を焦がしてしまいました。
 この初演をナマで観た人は、野田ファンであれ、歌舞伎ファンであれ、立ってる地面に激震が走り地割れが起きて穴に落ちるような衝撃だったに違いない。羨ましー!!マダムも一緒に地割れの中に落ちたかった。こりゃ、『NINAGAWA十二夜』に匹敵する、素晴らしい舞台よ!

 お話はもともと歌舞伎の中にあったようで、まずは見つけてきたのが凄い。だって、普通の歌舞伎の中によくある義理や人情や忠義や、ドロドロの恋愛、ドロドロの恨み、どれもこれも野田秀樹にはふさわしくない。よくぞ、こんなユーモアと皮肉たっぷりの、お誂え向きの話があったよねえ。『討たれ』っていうのが、いいよね。仇討ち、っていうといつも討つ側のカッコいい話だけど、『討たれ』る側のカッコわるい話なのがツボにはまる。
 そして野田がいつもコンビを組んでいる美術(堀尾幸男)や衣装(ひびのこづえ)が、歌舞伎の世界に新風を吹き込みつつもちゃんと歌舞伎におさまっているのが見事で。野田チームも凄いし、なんていうか、歌舞伎のキャパの広さを改めて思い知ったわ。
 たとえば、坂道が上ったり下ったりしているだけの回り舞台があって、そこを仇を捜して旅する兄弟(市川染五郎と中村勘太郎)が、ひたすらぐるぐるぐるぐる歩くの。回り舞台もぐるぐる回るの。そして次から次へいろんな人がすれ違い、それで季節が巡り年月が経ちました、って示すのだけど、その演出がいかにも野田秀樹らしく、そしてまた歌舞伎らしくも感じるから不思議!野田秀樹の魔法と歌舞伎の魔法は、重なってるところが沢山あるのね。
 
そしてそして役者の動きがね。今までの歌舞伎にはあり得ない野田演出ならではの動きと、歌舞伎の伝統的な動きとが、がっぷり四つに組んで、隙のない、どんな一瞬も見惚れてしまうような芝居になってる。素晴らしいのは歌舞伎役者たちが、NODA・MAP以上に「野田役者」になりきっていること。マダムはね、いないことは知っているのに、画面の中に野田秀樹を探してしまったわ、無意識に。この中にもし役者野田秀樹がいたら・・・歌舞伎座ではあり得ないことだけどね。でもそんな想像をしてしまうくらい、野田演出らしい動きが満載だった。
 楽しくて、展開が速くて、笑って、息をのんで、喝采して、最後に少し苦いものが残る。芝居の王道のような舞台。再再演があるなら・・・マダムも白旗を揚げて観に行くでしょう。

 最後にひとつだけ。シネマ歌舞伎というジャンルについて。
 今回、画面の美しさは変わらなかったけれど、観た印象は「芝居の舞台中継」により近かった。『ふるあめりか』の時は、ナマの舞台でもなく、かといって舞台中継とも映画とも違う新しいジャンルだ!ってびっくりしたの。でもそれは『ふるあめりか』の、極力客席を映さない編集によるところが大きかったのね(玉三郎自身の編集による)。
 『研辰』は、花道だけじゃなく客席の通路を役者が走り回ったりするので、折々に劇場全体が映る。そのカットが「あ、これは中継映像なんだっけね」と現実に引き戻すのよ。『ふるあめりか』では、マダムは途中からナマの場にいるような錯覚が起きたのだけれど、『研辰』にはそういうことはなかった。あ、でもこれは文句ではないの。だってどんなに臨場感があったって、ライブで観た方がいいことは言うまでもないことだものね。

« 身毒丸は身体に毒? 再び『COFFEE SHOP2』から | トップページ | ここが思案のしどころ »

ちょっぴり歌舞伎」カテゴリの記事

芝居 中継録画」カテゴリの記事

野田秀樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 身毒丸は身体に毒? 再び『COFFEE SHOP2』から | トップページ | ここが思案のしどころ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関係するCD・DVD

無料ブログはココログ